毎日1通LINEで情報発信中! >> LINE登録はこちら

ソーシャルサポートを期待できる人はストレスが低い

目次

775-1 ソーシャルサポートとストレス

1986年にアメリカで発表された研究では、主観的にソーシャルサポートを高く感じている子供たちはストレスが低く、ソーシャルサポートへの期待が低い子供たちはストレスが高いことが明らかになっています。

主観的なソーシャルサポートとは、自分が周りの人に支えられている、困ったら助けてもらえると感じられているかどうか、ということです。

  • 元気がないとき励ましてもらえる
  • 悩みや不満を相談できる
  • 失敗したら助けてくれる
  • 自分の気持ちをわかってくれる人がいる
  • 迷ったらどうすればいいか教えてくれる

などなどを他者に対して期待できる子は、ストレス反応が低く、ストレスがあっても対処しやすいということです。

775-2 子供にとっての/自分にとっての

少し古い研究ですが、とても納得のいく研究結果ですね。

子供だけでなく大人にとっても当てはまることでもあるでしょう。

我が子にとってのソーシャルサポートは誰か?

自分にとってのソーシャルサポートは誰か?

改めて見渡してみると、あなたの身の周りの人間関係がもっと立体的に見えてくるかもしれませんね。

775-3 特に困っていなくても

困ったときに助けてもらえる先があるのはもちろんありがたいことですが、特に困っていなくても、何気ない交流を通してお互いに支え合える相手があることも、とても大切だと思っています。

日頃から上手に肩の力を抜いて、ストレスが形になる前に解消していくことにもつながりますし、

そもそも困ったときに素直に相談できるのは、そのままの自分をありのままに受け止めてもらえるという信頼関係の土台があってこそです。

ギリギリの限界まで自分で抱え込みがちな方は、「普段から何気なく話せる相手」を、ご自身のソーシャルサポーターとして心の中に登録しておくと、ちょっと気が楽になるかもしれませんね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次