今の感覚を当たり前と思わず鎧を脱いでみよう

目次

372-1 ▼ 感覚はその人にしかわからない

人の感覚は、基本的にはその人にしかわかりません。

たとえば感覚過敏のお子さんのつらさもそこにあります。

五感に入ってくる刺激が強すぎて苦しいと感じても、周囲の大多数の人が「このくらいは普通だ」と思っていると、その子の苦しさをなかなか想像できません。

ご本人が自分で苦しさを説明できれば良いのですが、小さなお子さんではそれも難しい。

時にはお子さん自身も、その苦しさが当たり前だと思い込んでいて、「そうでない世界」の存在を想像することすらできず、ただ黙ってしんどさに耐えながら、時にはしんどいことすら忘れて、生活していることがあります。

372-2 ▼ 鎧を着ていることに気づかない大人たち

大人も同じです。

感覚過敏でなくとも何らかのストレスを感じながら生活していたとして(ほとんどの大人はその状態です)、そのストレスに慣れ切ってしまっていると、それが「ない」状態を想像できないことがあります。

それが「ない」状態のほうがその人の本来の在り方、本来の才能を十全に発揮できる状態なのに、そのことを思いつきもしないでいます。

たとえるならば、重い鎧を身にまとって生活していて、その状態に慣れてしまって鎧の重さをほとんど感じていないようなものです。

372-3 ▼ 鎧を脱いでみよう

こういうときは、実際に鎧を外してみることでしか、本来の在り方に近づくことはできません。

ひとたび鎧を外してみると、自分の身体のあまりの軽さに驚愕し、今まで自分にどれほどの負荷がかかっていたかをつくづくと感じることでしょう。

多くの人は、自分が鎧を着ていることにすら気づいていないので、当然のことながら鎧を外す機会もありません。

自分がどんな鎧を着ているのか、鎧を脱いだらどんな自分が出てくるのか、鎧を脱いだ自分にはどんなことができるのか・・・

大人がそれを十分に体感していると、お子さんへの関わり方も、その確信の度合いが明らかに変わってきます。

お子さんが健やかに朗らかに生活するためには、まずは大人自身が、自分の本来の在り方に気づいてあげてくださいね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます

あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次