食事や排泄に苦手のある子を見守るときの大人の姿勢

目次

373-1 ▼ 食事や排泄に苦手のあるお子さん

6/30(水)は、オープンチャットの配信をお休みいたします。
次回のオープンチャットの配信は7/1(木)22:50頃です。
どうぞよろしくお願いいたします。

では本編です。

今日は、食事や排泄といった、基本的な生活習慣に苦手のあるお子さんを、大人はどう見守るべきか、ということを書いてみます。

373-2 ▼ 大人の事情・子供の事情

食事や排泄は人としての基本的な生活習慣です。
大人としてはどうしても身に着けさせたいものですね。

その一方で、お子さんにとっては、大人が求めるものになかなかついていけない場面があります。

たとえば食事です。
集団生活では定められた時間に定められたものを食べなければならないとか、細かい決まりやルールがあったりとか、におい、お友達のざわめき、食材そのもの、食器の質感などなど、あらゆる物事が、お子さんを悩ませる原因になり得ます。
感覚過敏や偏食の傾向のあるお子さんには、なんとも言えず居心地の悪い時間になるでしょう。

排泄も、おむつがなかなか外れないとか、紙パンツでは排便できるのにトイレではなかなかできないとか、大人の悩みは尽きませんね。

一方お子さんからすれば、体内で起きている排泄の感覚を掴めないとか、トイレに座ったときに自分のお尻のあたりで何が起きているのかがわからない(目に見えないから)とか、といった理由があるのかもしれません。

373-3 ▼ 変化はその子のタイミングで訪れる

食事や排泄等の生活基本習慣に関する練習方法にはさまざまな知見があって、各現場で先生方が手を尽くしてご指導してくださっているものと思います。
(※個別具体的な相談をご希望の場合はオンラインセッションからお問い合わせください。)

ところでその大前提として、これらの練習を行うときに大人たちがぜひ心に留めておきたいのは、

食事や排泄は、「やり方を教えたらできるようになる」ものではなく、「繰り返しているうちにいつの間にかできるようになっている」性質のものである、ということです。


大人が焦っても変化はなかなか訪れません。

変化は、お子さんのタイミングで、ある日突然訪れます。

お子さんの中で、目には見えない・説明のできない何かが、少しずつ形を変えていって、お子さんの心身の準備ができたときに、ポンと芽を出すのでしょう。

食事やトイレの自立を育みたい親御さん・先生方のお気持ちは痛いほどわかります。。

でも、大人の焦りはぐっとこらえて、「変化はお子さんのタイミングで訪れる」ことを忘れず、お子さんにとって無理のない練習をじっくりと繰り返していただけたらと思います。

大人同士も励まし合いながら、お子さんの身体が食事やトイレの習慣に馴染んでくるのを気長に待ってあげられると良いですね。(^ ^)


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次