他者との関わりを通して不快を快に変える体験を大切に

目次

694-1 「嫌だ」を主張できるようになったら次は

近所のスーパーで、小さなお子さんがかんしゃくを起こして泣いているところに行き遭いました。

事情はわかりませんが、かなり長いこと嫌だ嫌だと叫び続けていましたので、よほど何かが嫌だったようです(^ p ^)

「嫌だ」を主張できるのは、大切な成長の第一歩ですね。

次は「では、どうしたいのか」を説明できるようになりたいところです。

言葉で話せなくても、大人が提示した選択肢を選ぶだけでも立派です。

694-2 不快が快に変わる体験を

このとき、自分がどうしたいのかを自分で思いつけない・わからない子もいます。

何をしたいかがわからないと、選択肢を見せられても選べません。

そういうときは、無理に先に進ませようとしなくていいと思っています。

その場合は、とにかく「他者が関わることで快の感覚を得られた」という体験を積み重ねてあげましょう。

一人では「嫌だ」の気持ちをどうにもできなかったけれど、大人と一緒なら「嫌だ」が薄れた・なくなった、という体験が大切です。

関わり方としては、言葉でアプローチするよりも、抱きしめる、肌に強めの圧をじんわりかけてあげる、手や脚をさする、背中をトントンと叩く、好きなものに触れさせるなど、その子が落ち着く感覚的な刺激を与えてあげると良いでしょう。

694-3 自分は何をしたいのか

自分が何をしたいかがわかっている人は、大人でも実は少数派です。

大人は毎日何かしらの行動を取っていますが、したいからやっているというよりは、ルーティンをこなしているだけという人のほうが多いのですね。

そういう場合、何かが嫌だ、何かが不満だと感じていたとしても、ではどうしたいのか? の答えは、なかなか出てきません。

そういうときは、今の段階で少しでも自分が居心地よくいられる状況を探してみることをお勧めします。

「今ここではないどこか」は、「今ここ」を大切にすることでしか、見えてきませんから。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます

あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次