進級・進学に向けて変化に対応できる心と身体の準備を

目次

567-1 ▼ 進級・進学の時期

3月も中旬に入ろうとしています。

子供たちにとっては、そろそろ、進級・進学の時期ですね。

進級・進学は、どんなお子さんにとっても多かれ少なかれ心身へのストレスになります。

本人の意志とは関係なく、年度の切り替わりで強制的に環境がリセットされるわけですから、大人の目から見てもなかなかタフな出来事ですよね。

その変化や緊張感を楽しめるお子さんもいれば、そうでないお子さんもいます。

環境の変化に弱かったり、イレギュラーな物事への対応が苦手だったりするお子さんにとっては特に、ご本人にも思いがけないほどの大きな負担になることもあります。

567-2 ▼ 変化に向けて準備しよう

できれば今のうちから少しずつ、変化への準備をしていくことをお勧めします。

  • 身体と心に余裕をつくる (休日に無理をしない、習い事のペースを落とす、健やかな日常生活を維持する等)
  • 新学年の教室・トイレ等を見学する
  • 昇降口から新学年の教室まで往復してみる
  • 新学年向けのノートや文房具を用意する
  • ストレス解消につながる余暇活動を探す

などなど

変化のあとに対応しようとするよりも、こうして変化の前から準備しておくほうが、変化の度合いがなだらかに進みますよ(^ ^)

567-3 ▼ 意外と自分で知らないのは

最後に挙げた「ストレス解消につながる余暇活動」については、高校生・大学生以上の年齢の方でも(もしかしたら大人自身ですら)、意外と知らないことが多いものです。

  • 何が自分にとってストレスになっているのか
  • 何をすればそれが楽になるのか
  • どういう状態になれば「楽になった」と言えるのか

このあたりを大人と一緒に話し合っていくことで、自己理解が深まり、人生の風当たりがちょっと楽になりますよ。

春は心も身体も揺れやすい季節です。

大人自身も、いつも以上に、自分の心と身体を労わってあげてくださいね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分で自分を大切にする
自分らしく生きることが美しいという時代へ

心と身体のつながりを深め、身体は健康に、心は穏やかに

こういう時代だからこそ、本当に大切にしたいものを選びましょう
自分の身体を心の底から信頼できるようになりましょう

自分で自分の身体をケアしてあげるにはどうすればよいのか、ZOOMでご一緒しましょう
触れ方一つで身体への影響は大きく変わります
あなたがもともと持っているのに気づいていない身体の力を体感してみてください

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる