自分を押し殺してでも相手に合わせる人付き合いは・・・

目次

437-1 ▼ 相手の気持ちを気にし過ぎるお子さん

お友達と関わるときに、相手の気持ちを気にし過ぎてしまう、というお子さんがいます。

相手に嫌われたくないとか、自分がどう思われているか不安だとかという思いが強く、自分の気持ちを押し殺してでも相手に合わせようとします。

こういったタイプのお子さんは、表面上はうまく相手と付き合えているので、人間関係の課題が大人に気づかれにくいことがあります。

ご本人も、お友達との間に波風が立たないことに安心して、付き合い方に課題があると気づかないこともしばしば。

437-2 ▼ この付き合い方の問題点

でも、こういう人付き合いをしていると、今は良くても、いつか堤防が切れて崩壊し、問題が表面化します。

この付き合い方の何が問題かというと、自分を押し殺して自分の軸を相手に委ねているところです。

「相手がどう思うか」を気にかけるのは大切なコミュニケーションではありますが、自分を手放すほどに行き過ぎるのはうまくありません。

この連載でも何度も書いていますが、身体の原理原則では「まずは自分」。

お友達付き合いでも、まずは自分がどう思うか、自分がどうしたいかを第一にしましょう。

その上で、お友達と話し合って、意見を譲ったり合わせたりするのは問題ありません。

437-3 ▼ 「まずは自分」を大切に

ひるがえって、大人にもこういうタイプの方がいます。

心配りや気遣いが上手な方が多いのですが、気を回し過ぎて疲れてしまうことも多いようです。

たとえば「相手がちらっと自分を見て、ふと目をそらした」というだけのことから、(自分はあの人に嫌われているのではないか)と思いが飛躍したりします。

細かく気を遣うことができるのは素晴らしい美点ですが、周囲の思惑に振り回されるようになると、ちょっと生きづらくなってきますね。

この場合も、「まずは自分」をぜひ大切にしてみてくださいね。

頭で考えてもなかなかうまくいかない方は、どうぞ相互循環セッションにいらしてみてください。
「まずは自分」をご一緒に体感し、セルフケアで落とし込んでいけるようにお教えいたします。

本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます
あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる