妊活中の方へのセッションから思う、身体の2種類の捉え方

目次

428-1 ▼ 妊活中の方にセッションをするとき

妊活中の方に、相互循環セッション(全身の働きを穏やかに整える施術)や、エッセンシャルオイルのリラックスセッション(8種類の精油を用いる施術)をさせていただくことがあります。

施術によって妊娠をお約束できるわけではないので、その点ははっきりとお伝えして、ご了承いただいた上でご参加いただいています。

参加される方々も、妊娠を期待してというよりは、もっと全体的に身体の調子を整えたいとか、精神的に楽になりたいとか、といった感覚でおられるように思います(^ ^)

お子さんを授かりたい、でもなかなか授からない、というとき、ご本人やご家族が追い詰められて心が張り詰めてしまうことがありますね。。
そのお気持ちはとてもよくわかります。。

ご本人の心と身体からふっと力が抜けて、少しでも楽に感じていただけるような時間になればと思っています。

428-2 ▼ 身体を使うか、身体の働きを活かすか

身体を捉えるとき、二種類の考え方があると思っています。

一つは、「身体を使う」という考え方。
もう一つは、「身体の働き」という考え方。

これらは、似ているようで、全然違います。

身体を使うというのは、自分の意志で、思考で、身体を思い通りに動かそうとすることです。
現代社会を生きる人のやり方の大半はこちらに当てはまります。
筋トレやダイエットで理想のシェイプを目指すとか、頭痛がするけれども頭痛薬をのんで無理して仕事に出るとかというようなときには、ほぼ身体を「使っている」と言って過言ではありません。

身体の働きというのは、身体が本来持っているもともとの機能を十全に働かせる、働いてもらう、ということです。
たとえば健康な免疫力を持つ人なら、ちょっとした風邪を引いても自然と治りますね。
鼻水が出たり咳が出たりするのは病原菌を身体の外に出すための働きで、栄養をとって身体を休めて余力をつくっておけば、身体の本来の免疫機能が身体を健康な状態に戻してくれます。
これが身体の「働き」ということです。

428-3 ▼ まずは身体の働きを整えよう

妊娠するということは身体の働きです。
タイミングをとるとか、不妊治療をするとかといった人為的な関わりはあるにせよ、最終的に人の胎内で新しい生命が育まれるのは身体本来の働きにかかっています。

実際には「身体を使う」の側に偏って生活している人がほとんどなので、妊娠を希望される方にはぜひ、「身体の働き」を丁寧に育んで受け取っていくことをお勧めしたいと思っています。
妊娠に関してだけでなく、老若男女問わず、健やかに日々の生活を送っていくためにとても大切なことです。

念のため、「身体を使う」側にいることが悪いことではありませんよ(^ ^)
でも、順番としては、まず「身体の働き」を整えることで、身体の「使い方」も充実してきます。

若いうちは身体に無理がきくので、「身体を使う」側だけで生活していても頑張れますが、年を重ねるにつれてだんだん身体が悲鳴をあげ始める方もちらほら。。
ぜひ今のうちから、一日に一度、一週間に一度、一カ月に一度でもいいので、「身体の働き」のほうに気を向けてみていただけたらと思います。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体が整えば心が整い、身体と心が整えば、人生が整い始めます

話してもよし、黙っていてもよし
心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体をゆるめて心身のつながりを深めます
あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

三輪堂の最新情報はLINEから

身体の原理原則にもとづいて、療育の知恵を人生に活かし、毎日をもっと面白く。
毎日1通 情報発信中!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

療育の知恵で、人生はもっと楽に、もっと面白くなる!

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心をゆるめるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる