毎日1通LINEで情報発信中! >> LINE登録はこちら

何かをできるようになることを目指さなくていい

目次

779-1 何かをできるようになることを目指す

育児療育においては、「何かをできるようになること」が目指される場面が多いように思います。

  • 一人で靴を履けるようになろう。
  • みんなと一緒に行動できるようになろう。
  • 数字を読めるようになろう。
  • 鉛筆で文字を書けるようになろう。
  • 計算ができるようになろう。

など、など、、、

「できるようになっている/なっていく」ことを前提として教育の仕組みができあがっていますので、大人の気持ちがその方向に動くのも当然のことかもしれません。

779-2 それは目的ではない

できるようになることは確かにとても嬉しいことです。

身辺自立の技術や必要最低限の読み書き算数などは、スマートに生きるためにぜひ身につけたいことでもあります。

でも、基本的に、「できるようになること」は目的ではないと思っています。

できるようになるために頑張りたいときは、自分にとって余ったエネルギーを振り向ける程度にしておいたらどうでしょう。

いわば余暇活動、遊びです。

大人も子供も、「できるようになること」を一本槍に目指さなくてもいい。

できるようになることを目指していると、できない自分が悪になります。

特に、他者との比較の視点での「できる・できない」は茨の道です。

779-3 信頼・安心

では、育児療育のフィールドで本当に大事なのは何かというと、

そのままの自分でいていいんだ、と心の底から信頼できるような、絶対的な安心を与え合うこと

これに尽きるのではないかなと思います。

かく申すわたし自身も、そのままの自分でいいんだと、かすかにでも思えるようなってきたのはごく最近の話。

子供たちを育む大人にこそ、もっとこの信頼感、安心感を育んでいただく必要があるのだろうなあと、思っているところです。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次