まずは自分を守る

目次

742-1 集団が与えるストレスと自己調整の力

学校をはじめとする集団生活の場は、多かれ少なかれ、子供たちにストレスを与えます。

ストレスに対する子供たちの反応の仕方はさまざまです。

たとえばよくあるのは、ちょっと落ち着かない、おしゃべりやざわめきが続く、集中しづらい、といった光景です。

こうしたさざめきは、子供たちがストレスに対して自分自身を調整しようとしている反応だと見ることができます。

園や学校では当たり前のように見られる場面ですね。

このように、少しのことならば、集団の通常の流れの中で、集団自身がバランスを取りながら進んでいくことができます。

問題になるのは、集団の流れ・力を大きく超える出来事が起きるときです。

742-2 嫌なことがあっても何もできない

自分にとって耐えがたいほど嫌なことが起きたとき、人は、逃げる、攻撃するなど、何らかの反応をとって自分を守ろうとします。

一方で、学校のような場では、嫌なことがあってもとにかくその場にいること、静かにじっとしていることが、まず求められがちです。

こういうとき、言葉で自分の状況を説明できれば、どうにかすることもできるかもしれません。

そのためには、自分の目的を明確にし、何がどうなれば自分にとって良いのかを整理し、相手の意図を想像しながら、相手と自分の妥協点を探り、相手を傷つけず爽やかに自己主張する、

・・・などなどの多種多様なスキルが必要ですが、これを全部できる人は、大人でも少ないでしょう。

子供たちにいきなりこれをできるようになれと言っても無理な話です。

742-3 自分を守る

つまりほとんどの子供たちは、集団生活の場で、自分の対応可能な範囲を超えるほどの嫌なことがあったときでも、「嫌だけれど、その場にいなければならない」状況に置かれています。

一番大事なのは、自分を守ることです。

学校生活が表面上うまくいっているように見えても、自分を守れなければどうしようもありません。

嫌なことから離れる(物理的に距離を取る)、大人に助けを求める、小声でもいいから自分の気持ちを口にする、

そういうところから一つずつ、自分を守る練習をしていきましょう。


本日は以上です。
次回の配信は10/31(月)です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次