集団生活と社会性の発達

目次

726-1 社会性の発達という観点

集団生活がうまくいかないとお悩みの親御さんは数多くいらっしゃいます。

それを社会性の発達という観点から見ると、年齢に沿ったふるまいができていない、と捉えることができます。

社会性の発達とは、社会的な行動の成長プロセスです。

たとえばおもちゃのやりとりで、最初は欲しいものをなんでも取り合い、お互いに泣いたり怒ったりしていた幼児さんが、だんだん「かして」「いいよ/あとで」と言えるようになる、といったことですね。

726-2 社会性の発達段階のずれが引き起こすもの

集団に属する子供たちと社会性の発達段階がずれていると、うまく行動できないという課題につながります。

たとえば小学校2年生のクラスで授業中に着席し続けていられない子がいたとして、これが仮に3~4歳の子なら、長時間座っていられないのは普通のこととして大人も大目に見ます。

むしろ、幼児さんが退屈しないように、おもちゃや絵本を与えるなどして、あれこれと手を尽くすでしょう。

これが7~8歳の集団となると、途端に大人の要求のハードルが上がります。

立ち歩くことが「座っていられない」という問題になってしまうのですね。

726-3 その子の今の発達段階は?

このように、自分の発達年齢を越えたふるまいを求められるところでは、大人の目から見た「課題」が生まれてきます。

人の発達はその人のペースで進みます。

無理やり進ませることはできませんし、階段を一段飛ばしで駆け上がるようなこともできません。

一歩ずつ、その人のペースで歩いていくことしかできないのです。

座っていなさいと言って無理やり座らせておくこともできるでしょうが、それは真の成長発達には寄与しません。

集団のペースを守ることももちろん大切ですが、その子が今どんな発達段階にいるか? を常に見つめる視点を忘れずにいたいものですね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次