トップアスリートの対談から見る、プロセスの力と失敗の意義

目次

680-1 世界のトップリーグにチャレンジしたアスリート

あるトップアスリートの対談を聞く機会をいただきました。

この方を仮にAさんとお呼びします。

Aさんは、あるスポーツの日本代表として活躍した後、世界のトップリーグにチャレンジすることを決意されます。

アスリートが海外リーグにチャレンジする際にはマネジメントしてくれる人やスポンサーがつくものですが、Aさんはなんと単身独力でチャレンジされました。

Aさんはその時点ですでにスポーツ選手としてピークとされる年齢は大きく過ぎていて、身体はあちこちにガタが来ており、ドクターから引退勧告を受けるような状態だったそうです。

それでもAさんは、自分の内側にある思いに突き動かされるようにして、日本で持っていた地位も仕事もすべてを捨てて渡航し、文字通り泥水をすするような苦労を重ねて、何年も努力されました。

680-2 結果だけ見れば失敗かもしれないけれど

結論からいうと、Aさんは目標だった世界のトップリーグに参加することはできませんでした。

その結果だけ見ると、Aさんは失敗したということになるのかもしれません。

夢がかなわなかった悔しさはご本人の中にもまだ残っているのだろうなという雰囲気は、対談中にもちらりちらりと顔を出しました。

でも、Aさんのお話から伝わってくるのは、ひたすらに力強い響きです。

失敗も後悔も無念もすべてひっくるめて、一人の人の人生の重みが、があーんとぶつかってくるようです。

ただただ感動しました。

人は結果ではなくプロセスに心を動かされるのだ、ということをこんなにも実感したのは初めてのことでした。

680-3 自分の望む形での成果が出なくても

もしAさんが世界のトップリーグに参加することができていたら、ビッグチャレンジで夢をかなえたアスリートの成功談として、世の中でもてはやされていたかもしれません。

でも、今の時代にはむしろ、Aさんのように、「自分の望む形での成果は出なかったストーリー」を堂々と語れる人が求められているのではないかと思います。

日頃わたしたちが目標として設定するのは、何かに成功すること、何かを得ること、目に見える形で成果を出すこと、そうしたことばかりですが、

一方でわたしたちの身体が毎日の生活で大切にしているのは、日々生き続けていくことです。身体は、何かに成功しよう!とは思ってもいないでしょう。

自分の望む形での成功を得ることだけを追い求めていないか、改めて振り返ってみたいと思ったことでした。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次