人間関係に悩むときは2つのステップで見直してみよう

目次

675-1 人間関係のお悩みが生まれる理由

前回はこんな記事を書きました。

人の評価が気になるのは誰しもが抱える悩みだけれども、全てを拾い上げる必要はない、という話でした。

三輪堂には人間関係のお悩みについてのご相談もたくさんいただきます。

  • 上司のパワハラ
  • 同僚に恵まれない
  • パートナーの無理解
  • ママ友同士のすれ違い

    などなど、、、

基本的には、その相手とうまくやっていこうとするから悩みが生まれます。

相手から良い評価を得たい、得なければいけないと思うから、自分の言動に迷いが出るのですね。

675-2 関係性を見直す2つのステップ

身体の原理原則では、関係性の基本は「まずは自分」です。

相手が自分をどう思うか、相手が自分を嫌わないかと悩む前に、自分が自分を大切にしているか、ないがしろにしていないかを見てあげてください。

「まずは自分」がブレていると、どこまで行ってもうまくいきません。


相手にどこまで思いをかけるか、というところも、少し整理したほうがいいですね。

「友達」と「仲間」は違います。

友達は、一緒にいたら楽しいかもしれないけれども、ただそれだけの相手。

仲間とは、創造をともにする相手、人生をともに歩む相手です。

誰かとうまくいかずに悩むとき、自分にとってその相手は「友達」か?「仲間」か? と考えてみてください。

675-3 友達か、仲間か

「友達」なら、お互いの関係性のためにそこまでエネルギーを費やさなくてもいいと割り切ってしまってはどうでしょうか。

うまくいかなくても気にしないとか、距離を取るとかして、なんとなくやり過ごして流してしまうのが吉だと思います。

「仲間」なら、恐れずに自分の意見を伝えましょう。

たとえ相手と意見がぶつかっても、お互いにちょうど良いポジショニングが見つかるまで話し合うことです。

ことわざにも言うように、雨が降らなければ地は固まらないのですから。

こうした「仲間」との関わりにおいてネックになるのは、自分の中にある劣等感や、相手との比較です。

このあたりの話は次回以降に。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる