ADHDについて知ろう その2

目次

545-1 ▼ ADHDの現れ方には3つの特徴がある

前回は、ADHDの現れ方の3つの特徴をお伝えしました。


今回は、こうした特徴を持つお子さんたちが、学校生活の中で特に困りがちな、代表的な5つの場面を挙げてみます。

545-2 ▼ 学校生活の中で困りやすい場面

1.じっとしていることが苦手

「動かないでいる」ことに神経を使うため、じっとしていることでエネルギーを消耗したり、苦痛を感じたりします。
教室内では、席を立って立ち歩いたり、教室を出て行ったりするかもしれません。

2.気が逸れやすい

受け身の活動、一斉指示を受ける活動、自分にとって興味のない活動などで集中力が続きません。
退屈な(と本人が感じる)授業中には、関係のないことをしたり、周囲にちょっかいを出したりして、先生の注意を受けやすくなるかもしれません。

3.目先の利益を採用しがち

中長期的な損益を考えることが苦手で、後先のことを考えず、今この瞬間の楽しさ・喜びを追求する力が強いです。
「いま宿題を頑張れば後でゲームができる、だから先に宿題を片付ける」といった発想が苦痛だったり、授業中に何かを思いついたら先生のお話中でもすぐに発言したり、一呼吸置いて待てなかったりするかもしれません。

4.忘れ物が多い

物や時間をよく忘れます。
授業の持ち物、プリントの提出、友達との約束などを忘れて、先生に注意されたり、お友達とトラブルになったり、だらしない・嘘つきといった不当な評価につながったりするかもしれません。

5.整理整頓が苦手

ものを整える・片付けることが苦手です。
隅々まで丁寧に掃く・拭くといった作業も雑になりがちです。
机やカバンにプリントを押し込んでしわくちゃになったり、筆箱の中がめちゃくちゃだったり、落とし物・失くし物が多かったりするかもしれません。

545-3 ▼ 5つの代表的な苦手さ

こうした状態のお子さんは、程度の差はあれ、学級に一人や二人はいても珍しくありません。

彼ら自身が困りを実感している場合はもちろんのこと、困っている自覚がなくても、話を聞くと「先生や親に怒られないならそのほうがいい」と思っていたりするものです。

また、親御さんや周囲のお友達が、彼らの無軌道さ(と周囲には見える)に困ってしまっていることもしばしばあります。

今回の具体例には学校の事例を書きましたが、上記の5項目は、家庭で/職場で/地域で 等々のさまざまな場面にスライドして考えられる、「ADHDの人が感じる5つの代表的な苦手さ」です。

こうした「苦手さ」を理解し合って、ご本人も周囲の人々も、お互いにスムーズに生活できるよう、サポートし合っていきたいものですね。

次回(2/14月)は、サポート方法の一例をお伝えします。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる