「思わずやってしまうこと」をやめたいときは

目次

520-1 ▼ 何かをする・しないという選択の裏にあるもの

先日、子供たちには「しなくなる遊び」があると書きました。

わたしたちは、何かをする・しないという選択を常に繰り返しながら過ごしているわけですが、

身体の原理原則から見ると、「身体が必要としている何かのエネルギーを調整するために」これらの選択を行っている、という捉え方ができます。

たとえば先日の記事の例で言えば、ぐちゃぐちゃ描きをする子は、発達のために身体がぐちゃぐちゃ描きを必要としている段階、と捉えることができます。

他にも、のどが渇けば水が飲みたくなる、ずっと座って仕事をしていればウーンと伸びがしたくなる、疲れれば眠くなる、といったように、わたしたちが日常的に自然にやっているさまざまなことが当てはまります。

520-2 ▼ 本質には良いも悪いもない

身体が欲するエネルギーには、良いも悪いもありません。

こちらの方向に、このくらいのペースで動きたい、という「方向」と「ペース」があるだけです。

右が良くて左が悪い、上はもっと悪い、なんてことはないですよね?

まさにその通りで、エネルギーには良いも悪いもないのです。

たとえば、お菓子ばかり食べるとか、自室に引きこもるとか、ゲームを何時間もやり続けるとか、一般的な価値判断ではネガティブに評価されることをどうしてもやってしまう、という人がいます。

その人の身体が必要としているからそれをやっている、と捉えてみるとどうでしょうか。

お菓子を食べ過ぎると身体に悪いと思われがちですが、実はそのおかげで、その人のエネルギーの偏りが解消されて、より整った状態でいられる、という流れがあるのだとしたら?

520-3 ▼ 違う角度から見直してみよう

そういう身体の原理原則に立ってみると、いろいろな物事が違って見えてきます。

たとえばお菓子を食べることである種のエネルギーを補充している場合は、お菓子以外のものでそれと同じ種類のエネルギーを補充してあげれば、自然とお菓子を手放すことができます。

子供たちの「しなくなる遊び」とまったく同じことです。

もちろん、一人ひとりの状況が異なりますので、それだけですべてが必ず解決するとはいかないかもしれません。

でも、今あなたが悩んでいることがあるなら、それを身体の原理原則から見直してみるだけで、何か違うものが見えてくる可能性は大いにあります。

気になる方は、どうぞお問い合せくださいね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます
あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる