身体は必要だから選択している

目次

521-1 ▼ 自己嫌悪と負のループ

昨日は、下のような記事を書きました。

たとえばお菓子を食べ過ぎるとか、ゲームをやり続けるとかといったような、世間的にはネガティブに評価されがちなことを、ついついやってしまう、どうしてもやめられない、というとき、身体の原理原則から捉え直してみるとどうだろうか、という内容です。

お問い合わせがありましたので、もう少し補足してみます(^ ^)

上の記事にも書きましたが、エネルギーには良いも悪いもありません。

そのエネルギーによって動いている身体や自分の行動にも、当然良いも悪いもありません。

でも、多くの人は、お菓子やゲームをやめられない自分を責めては自己嫌悪に陥ります。

それで気持ちの負担が高まって、ますますお菓子やゲームに頼るというループに落ち込んでしまうことも多いのですが、、、

521-2 ▼ 必要だからやっていることを突然やめるとどうなるか

そもそも、「お菓子やゲームに触れる」ことが身体にとってどういう意味があるのか、を考えてみましょう。

身体の原理原則では、身体は必要だからその行動を選択している、と考えます。

お菓子やゲームによって、その人にとって必要な何かのエネルギーを補充しているのだとしたら、ただその行為をやめるだけでは意味がありません。

仮に、どうにかしてゲームから離れたとします。

思考や感情や世間の目は、「ゲーム中毒から抜け出せた」と満足するでしょう。

でも、身体からすると、ゲームをすることによって補充していたエネルギーがなくなった状態です。

エネルギー不足で心身に過剰に負担がかかったり、違う形でそのエネルギーを取り込もうとしたり、するでしょう。

身体にとっては、本当の意味での「ゲーム卒業」にはなっていないのですね。

521-3 ▼ 本当の意味で卒業するには

まずは、自分が今やってしまっていること=いけないこと という考え方を手放しましょう。

本当の意味で何かを卒業したいと思っているなら、まずはそこからです。

その上で、お菓子やゲームによって補充しているエネルギーを、

・もう必要ないくらい十分に補充しきる
・何か別の形で補充する

このどちらかを選択してあげてはどうかなと思います。

身体が選ぶことは、すべて必要があって選んでいます。

自分が今やっていること、今いる状況、それらすべては、自分の身体がその時その時でベストな選択をし続けてきた結果あることです。

自分にとって必要でないものは一つもありません。

全部丸ごと肯定して大丈夫です。

何かに迷うとき、困るとき、不安なときは、すべてをその基本に立って考えてみてくださいね(^ ^)


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる