こんにちは。三輪堂です。
面白く生きる連載、204通目です。

204-1 ▼ 寒くなると登校渋りのお子さんが増える?

最近、お子さんが学校に行きたがらないとか、イライラしているとかといったお話を伺うことが増えています。

今いきなりそうなったというよりは、以前からなんとなくそういう気配があって、最近それが強まった、という感じの方が多いようです。

例年、寒くなると学校の行き渋りが増えるような印象があります。
単純に寒いから外に出たくないというような心の動きもあるでしょうし、冬の気配がなんとなく重苦しくてやる気が出ないということもあるのかもしれません。

さて、瀧本の整体の師匠によると、冷えると身体はねじれる。ねじれると、腹が立ったり、やたら逆らいたくなったり、億劫になったりする、とされているそうです。

わたし自身が検証実験をしたわけではないので、「そう言われているそうです」という話にはなるのですが、とはいえなんとなくの体感としては、確かにそういうこともあるかもなあ、という感覚はあります。

204-2 ▼ 「あの体操」で身体のバランスがとれる

学校に行きたくない気持ちが強まったり、親御さんにイライラをぶつけたりするのも、「(整体的に言う)冷えからの身体のねじれ」が影響している可能性もあるかもしれません。

だとすると、その冷えやねじれを解消してあげれば、イライラや億劫感のようなものが軽くなることは十分に期待できます。

そのためにお勧めの体操があります。
それは、誰もがよく知っている(であろう)あの体操、「ラジオ体操第一」です。

ラジオ体操には身体の動きの「方向性」が全て含まれていて、ちゃんとやると心身が整います。

「ねじれ登校渋り説」が成立するとすれば、その身体はねじれの方向のエネルギーが過剰になっていると考えられるので、全ての方向性の運動を満遍なく行うことでバランスが取れます。

204-3 ▼ 現実的な環境整備も並行しよう

ねじれ登校渋り説が当てはまるにしろそうでないにしろ、単純にラジオ体操って気持ちが良いですよね。お金もかからないし、いつでもどこでも手軽にできるし、悪影響はほとんど考えられないので、ちょっとしたリフレッシュの気持ちで、ぜひ取り組んでみていただけたらと思います。

中高生くらいになると反発してラジオ体操なんかやってくれないかもしれませんが(^ ^;)、その場合は親御さんがやってみてください。親御さんが整えば、お子さんにも良い影響が届きますから。

そしてもちろん、ラジオ体操だけで行き渋りが解消できると考えるのはちょっと行き過ぎだろうとも思います。

行き渋りには現実的な原因があることが多いです。
たとえばいじめにあっているとか、学力や認知特性に合わない学習を強いられているとか、何か不都合があるならば、それらを解消する働きかけも並行していただきたいなと思います。

ただ、物理世界の現象の土台にあるのは人間たちの心身ですから、心身をリラックスさせてあげることはとても大切ですよと、そういうお話でした。

本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。