大谷翔平選手が国民栄誉賞を辞退したことから思う、当たり前の毎日の偉大さ

目次

484-1 ▼ 大谷選手と国民栄誉賞

大谷翔平選手が国民栄誉賞の打診を固辞されたとニュースになっていますね。

あれだけ活躍されている方ですから、賞を受けられても全然問題ないような気がしますが(^ ^)、ご本人は「まだ早い」とおっしゃったのだとか。

ちなみに、国民栄誉賞とは、

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的に」

与えられるものなのだそうです。

484-2 ▼ 一人の人間を育むという偉業

広く国民に敬愛されるということは、なかなか、ご縁やタイミングもなければ難しいのかもしれませんが、

自分の周囲の人々に明るい希望を与えることは誰にでもできることだし、多くの方が自然と毎日なさっていることだろうなあと思ったことです。

国民栄誉賞と言わず、「家庭栄誉賞」とか、「オフィス栄誉賞」とか、「ご近所栄誉賞」とかを設定したら、きっとあなたも受賞者ですね(^ ^)

育児や療育という働きは、一人の人間を健やかに育むという、何よりも大切なことです。

大きな賞を取ったり世間的に大活躍したりすることはパッと人目をひきますが、人目をひかない日々の生活の中にこそ、大切な土台があります。

身体で見ても、頭が色々なことを考えて手で実行できるのは、目に見えない体内の内臓がきちんと働いてくれているからこそです。

484-3 ▼ あなたの当たり前に栄誉賞を

お母さんが育児をするのは当たり前で、特筆すべきことではないように思われています。

でも、心臓が止まったら生命活動のすべてが停止するのと同じで、当たり前のことを当たり前に行うからこそ、人は生きて、動いて、流れていくことができます。

どうぞあなたの当たり前の毎日に栄誉賞を贈ってさしあげてください。

大谷選手のように断る必要はありません(^ p ^)
(大谷選手も、もし贈られたのが「ご近所栄誉賞」だったら、喜んで受けられたかもしれませんね。)

自分で自分を大切にする証として、堂々と受け取ってくださいね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分で自分を大切にする
自分らしく生きることが美しいという時代へ

心と身体のつながりを深め、身体は健康に、心は穏やかに

こういう時代だからこそ、本当に大切にしたいものを選びましょう
自分の身体を心の底から信頼できるようになりましょう

自分で自分の身体をケアしてあげるにはどうすればよいのか、ZOOMでご一緒しましょう
触れ方一つで身体への影響は大きく変わります
あなたがもともと持っているのに気づいていない身体の力を体感してみてください

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

三輪堂の最新情報はLINEから

身体の原理原則にもとづいて、療育の知恵を人生に活かし、毎日をもっと面白く。
毎日1通 情報発信中!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

療育の知恵で、人生はもっと楽に、もっと面白くなる!

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心をゆるめるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる