こんにちは。三輪堂です。
面白く生きる連載、96通目です。

96-1 ▼ 勢いよく触れるのは、身体にとっては〇〇!?

今日も、昨日のUさんのお話からインスパイアを受けて書かせていただきたいと思います(ずいぶん引っ張って恐縮です、Uさん笑)。

昨日シェアさせていただいたUさんのご感想では、長女さんにゆっくり丁寧に保湿を塗ってあげたら、いつもより落ち着いて待ってくれたというお話がありました。

人の身体は、
丁寧に触れると、丁寧さが引き出され、
荒っぽく触れると、荒さが引き出されます。

これは、ものすごくシンプルな身体の原理原則です。

たとえば誰かの身体に勢いよく手を触れるのは、相手のお家に土足で踏み込むようなもの。触れる側にはそんな意図はなくても、身体にとっては「攻撃」に等しいものとして受け取られ、身体は無意識に防御の態勢に入り、筋肉が緊張します。

96-2 ▼ Mさんの感想シェアその2

Uさんの前にセッションを体験していただいたMさん(93通目でキックボクシングのキックを披露してくださっている方)も、こんな感想をお寄せくださっています。

=====Mさんのご感想ここから=====

デパートの化粧品売り場でメイクをしてもらう時、自分だったら数秒で終わらせることを何倍も時間をかけて、この世で1番大切なものを扱ってくれているかと思うくらい丁寧に丁寧にやってもらうのを思い出しました。

それだけのことをすればそりゃ綺麗になるよなあ。とふと考えました。

何が言いたいかというと、今日やって頂いた瀧本さんの施術も心と身体がじんわり温かく柔らかくなるようなスキルと、想いがこめられているからこそあんなにも効果が出たのだと思うと、それを続ければ変わらないわけがないと確信した大きい実りある1日を過ごさせて頂きました。

いつも不安と焦りと緊張を纏ってしまっているのを改めて痛感しました。自分を丁寧に扱ってほぐしていって、瀧本さんのようにいいものを循環させていきたいと思います。

=====Mさんのご感想ここまで=====

96-3 ▼ ゆっくり優しく、ふんわりゆったり

Mさんもお書きのように、自分の身体を、この世で一番大切なものを扱うように扱ってあげたら、そりゃもう綺麗に、健やかに、しなやかに、美しくなります。

大人はつい忙しく時間に追われて、自分にも誰かにも、「ゆっくり優しく」「丁寧に」手を触れるということを忘れがちです。
たとえば朝起きて顔を洗う、お化粧をする、なんていう時も、水をザバザバ!化粧水をバシャバシャ!などと、せわしなく手を動かしていませんか?

もしかするとこの時、あなたの顔の皮膚は、あなたの手が「攻撃」をしかけている、と受け取っているかもしれません。

相互循環セッションでは、ふんわりゆったりと手を触れて、皮膚を微かに揺らします。身体が筋肉の緊張を起こさないくらい、ゆったりと。

あなたもぜひ、ご自身の、そしてあなたの大切な人の身体に、ふんわりゆったりと触れてあげてみてください。
たったそれだけで、あなたの周りの世界が穏やかに変わっていきますよ。

相互循環セッションのモニターさんは引き続き募集中です。ご関心がおありの方、ぜひ公式LINEアカウントでメッセージください。

本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。