毎日1通LINEで情報発信中! >> LINE登録はこちら

落ち込んだときや失敗したときに簡単に視点を変える方法

目次

888-1 落ち込むと自分が信じられなくなる

何かに落ち込んだときや失敗したとき、

「もう自分なんてダメだ」
「自分にはこれは向いていない」

などと思ったりすることがありませんか。

そういうときは、見るもの聞くものすべてがネガティブに受け取られて、自分を信じられないような気持ちになります。

心に余裕がなくなって、お子さんや周囲の人にイライラしたり、きつく当たってしまったりも。

888-2 大切な人にアドバイスする

そういうときにお勧めなのが、「大切な人にアドバイスの手紙を書くこと」です。

自分の大切な人が、いま何かに困っていると仮定します。

その人に向かってアドバイスしてあげてください。

アドバイスが思い浮かばなかったら、励まし、慰め、元気づけなどでもOKです。

その人を支え、助けてあげるつもりで書いてください。

手紙を実際に紙に書く(か、パソコンで打つ)のが一番ですが、時間がなければ、頭の中で文章を思い浮かべるだけでも構いません。

書けた手紙は、そっくりそのまま、あなた自身へのメッセージです。

888-3 外に出る方法はいろいろあるから

人は不思議なもので、自分に向かうときと自分以外の人に向かうときとで、出てくる言葉や感情が違います。

でもそれは、一枚の紙の表と裏のようなもので、結局は同じこと。

自分に向かって優しい言葉をかけられないときは、誰かに向かって優しい言葉をかけてあげてください。

家の外に出たいけれど、正面玄関からは出られない。

それなら勝手口から出ればいい、というだけの話ですね。

外に出さえすれば、家全体を客観視できて、次の一歩も見えてきますよ。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

あなたの現在地から過去を振り返り、あなたの得たい成果から、進むべき道をそっとご提案します。
過去から現在を見るのではなく、未来から現在と過去を見る。
現在の捉え方が変われば、過去の定義づけも変わり、人生すべてが変わります。

1対1でじっくりとお話を伺う中で、あなたの人生を浮き彫りにします
メッセージはすべてあなたのお話の中にあります
その中から、あなたの才能や生まれてきた意味が見えてくるかもしれません

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次