毎日1通LINEで情報発信中! >> LINE登録はこちら

したいからする、を選択する時代

目次

787-1 「自分がしたいから」

前回は、バランスセッションに定期的に通われているMさんが、3年半でゆっくり着実に変化していかれたご様子をご紹介しました。

↑でご紹介しているMさんのご感想の中に

挨拶を返してもらえないことがあると自分を否定するように受け取っていたが、「自分がしたいから挨拶する」という意識に変えてからは相手の反応は気にならなくなった

という旨のお言葉があります。

この「自分がしたいから」というところが、とても大切だなと思います。

787-2 さまざまな「する」

わたしたちは毎日、何かを “しながら” 過ごしているわけですが、その背景には

  • したいからする
  • 仕方なくする
  • 頑張って無理にする
  • しなければならないからする
  • すると決まっていることだからする
  • したくないけれどもする

・・・といったように、さまざまな「する」があります。

現代を生きるわたしたちは、「したいからする」を選ぶことが少ないですね。

小学生ですら、学校に行きたくないけど行かなきゃいけないから行く、という子が珍しくありませんから。

身体の原理原則からは、「したいからする」のが一番心身が深まり、パフォーマンスが上がります。

自分がしたいからすることであれば、Mさんも書かれているように、他者の評価は気になりません。

世の中を生きていくためには、自分はしたくなくてもせざるを得ない場面もたくさんありますから、それはそれで折り合いをつけていくものだろうと思います。

でも、これからの時代は、もっと「したいからする」の比率を上げて生きていってもいいんじゃないかなと思っています。

787-3 何をしたいですか

育児・療育のお悩みは、子供の「したい」と、大人や社会の「こうあってほしい」「こうあるべき」「こうしなければ」とのすれ違いによって生まれることがとても多いです。

大人自身が「したいからする」に変わると、子供たちも変わっていきます。

さて、本日2023年1月6日は、一粒万倍日×天赦日という、最高の開運日なのだそうです。

新しいことを始めるのに良い日だとされています。

新しいことでなくても、自分にとって楽しいこと、やりたいことをしていただけたら、きっと一年がご機嫌な毎日になっていくはず!

あなたなら、何を “したい” ですか?


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次