良い悪いは相手の中にあるのではない

目次

711-1 降るも降らぬも

ここ数日、雨がたくさん降りました。

水は、田んぼや畑や貯水池など、必要な場所に降ればありがたいものですが、降りすぎて洪水を起こせば、今度は恐ろしいものになります。

渇水の夏には雨雲を乞い、洪水の秋には晴天を願う。

それはやむをえない人の性ですが、水そのものには良いも悪いもありません。

良い悪いは、人の側にあります。

水はただ、水そのもののありようでそこにあるだけです。

711-2 目は大人の側にある

同じことは育児療育にも言えます。

わたしたち大人は、子供たちの状態に一喜一憂します。

集団生活についていけないといえば将来を憂え、テストで良い点を取ったといえば喜びます。

が、子供たちがどんな状態だったとしても、その子はその子本来のありようでそこにいるだけです。

それを良い子だとか悪い子だとか、社会に馴染めないとか、困った子だとか、大人のいうことをよく聞ける子だとか、そんなふうに見る目は、すべて大人の側にあります。

子供の側にはありません。

711-3 自分の見方次第

相手をどう見るか は、自分をどう見るか の相似形です。

もしあなたが、子供たちを「〇〇ができるから良い子」「〇〇ができないから心配」と思っているとしたら、それはあなた自身が、「〇〇ができる自分は良いもの」「〇〇ができない自分は良くないもの」と捉えている視点がどこかにあるということです。

子供が社会に馴染めないことを心配する大人は、その人自身が社会に馴染めなかった過去があったり、社会から疎外されることに不安を抱えていたりするのかもしれません。

相手に良い悪いはなく、自分の目がそれを見ます。

そのことを胸に刻んで生きていたいなと思う日々です。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

あなたの現在地から過去を振り返り、あなたの得たい成果から、進むべき道をそっとご提案します。
過去から現在を見るのではなく、未来から現在と過去を見る。
現在の捉え方が変われば、過去の定義づけも変わり、人生すべてが変わります。

1対1でじっくりとお話を伺う中で、あなたの人生を浮き彫りにします
メッセージはすべてあなたのお話の中にあります
その中から、あなたの才能や生まれてきた意味が見えてくるかもしれません

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次