靴下が濡れるのが嫌で登校拒否になった男の子を助けてくれたルール変更の話

目次

710-1 雨が降ると思い出す男の子の話

3連休はいかがでしたか。

台風がなかなかのものですが、お住まいの地域に大きな影響がなかった/今後もないことをお祈りしております。

雨が降るといつも思い出すエピソードがあります。

雨で靴下が濡れるのが大嫌いだった男の子の話です。

彼はそのせいで雨の日には学校に行きたがらず、激しい登校渋り(雨天限定)につながりました。

ゴム長靴や、靴の上から履いて足を覆うナイロン製の雨カバーなどをいろいろ試したけれども、履きづらくて嫌だとのこと。

晴れの日には問題なく登校できていたので、クラス内の居心地や環境に課題があるといったことでもなさそうでした。

710-2 ゴム草履という選択肢

あるとき、思いがけない解決策が見つかりました。

「ゴム草履で登校する」ということです。

靴下が濡れるのが嫌なら、いっそはだしで行けば? とは、親御さんが何度か提案したらしいのですが、ご本人は、学校には靴で行かないといけない、とかたくなに拒否していたのだそうです。

実際、登下校は靴で・サンダル系はNG、という学校の決まりがあったのですが、特例を設けてくれたのは担任の先生と校長先生でした。

校内では靴下と上履きを履き、草履以外の外履き靴も持参するという約束で、雨の日はゴム草履で登校しても良いことになったのです。

素足が濡れる分には構わないのか、と大人たちは驚いたそうですが、彼にとってはゴム草履と裸足ならば濡れても問題なかったようで(^ ^)、学校についたら持参のタオルで丹念に足を拭き、靴下を履いて、元気に過ごせるようになりました。

710-3 人として健やかに生きる

思い出すたびに、合理的配慮とはこういうことなんだろうなあと思います。

上のエピソードは合理的配慮が声高に言われるようになるよりもずいぶん前の話ですが、親御さんも先生方も、(上には書きませんでしたが学校のお友達も彼を応援してくれていました)、彼の主張をないがしろにせず、彼の感覚に寄り添い、一緒に解決策を探し、全員が納得できる着地点を見つけました。

何でも決まりを変えれば良いとは思いませんが、必要なタイミング・必要な範囲で、柔軟に対応するバランス感覚は大切にしたいなと思います。

決まりは一度決まれば動きませんが、人や社会は動き続けるものですから。

決まりを作ることができるのも人、決まりを守ることができるのも人、変えることができるのも人です。

人として、身体も心も健やかにこの社会を生きるということを、丁寧に見つめていきたいなと改めて思う雨の朝でした。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次