【何かがうまくいかないとき】身体の原理原則から見た解決法

目次

707-1 何かがうまくいかないときにお勧めしたいこと

何かが心配なときやうまくいかないとき、人はたいていその「何か」に強くフォーカスしています。

育児療育の場合、その「何か」はお子さんであることが多いですね。

「何か」にフォーカスしてうまくいくことももちろんあります。

でも、それがうまくいかないときは、別の解決策も探していきたいところです(^ ^)

そんなときに、身体の原理原則から見てお勧めしたいのは、療育をしている側の大人のほうにも目を向けてみること、です。

関わり合う2者は、お互いに影響を与え合うものですから。

707-2 2者の影響の与え合いを身体の原理原則から見ると

お互いに影響を与え合うことについて、身体の原理原則から見るととてもわかりやすくなります。

たとえば何かを触るときの身構えについて。

平たいテーブルを台拭きで拭こうとするとき、人は手を平たくします。

柔らかい赤ちゃんの肌に触れようとするとき、人の手はふんわりとやわらいでいます。

相手(この場合はテーブルや赤ちゃん)と関わるとき、自分は無意識に影響を受け、自然に自分自身を変化させています。

親子という関係性、育児療育という関わり合いの中でも同じです。

触れる対象が変われば自分の手が変化するのと同じように、相手が変われば自分も変わり、自分が変われば相手も変わります。

707-3 自分と相手のバランスで見る

育児がうまくいくには、親か子のどちらかだけではなく、親も子もどちらもうまくいくことが大切です。

何事もバランスで、「相手」への意識が強すぎて「自分」が置き去りになってはうまくいきません。

自分を整えるだけで、育児療育がサラッと流れ出す、なんていうことは当たり前のように起こります。

一人では難しいときは、ぜひバランスセッションに来てみてください。

特に、相手に気持ちが行き過ぎて苦しいとか、何かに行き詰っているとか、そういうときにお勧めですよ。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます

あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次