今日何があったの?と聞いても答えないお子さんに。会話の5W1Hには難しさの質に差がある

目次

647-1 「今日何があったの?」と聞いても答えないお子さん

未就学~小学校低学年くらいのお子さんの親御さんから、こんなご相談を伺うことがあります。

  • 「今日、何があったの?」と尋ねても、何も言わないか、「わからない」と答えるばかり
  • 先生からエピソードを聞いて「〇〇ちゃんと遊んだの?」「〇〇ゲームをしたんでしょ?」などと具体的に尋ねてもはかばかしい返事をしない
  • 周囲の子はもっと親御さんと楽しくお話をしているように見えるのに・・・

それで親御さんは、うちの子は話すのが不得意なのではないか、というご心配を持たれるのですが、、、

会話には、内容によって「難しさの質」に違いがあります。

647-2 答えやすい質問と答えにくい質問がある

話をするときには、5W1H、すなわち「誰」「どこ」「何」「いつ」「なぜ」「どのように」「どうした」などの要素を整理して言葉にしていくことになります。

  • この中で、最も話しやすいのは「何を・どうした」だと言われています。
  • 「どこ」「誰」は、尋ねれば答えてくれる場合も珍しくないようです。
  • 一方、「いつ・なぜ・どのように」は難しい問いです。

「いつ」については、時間や時期についての概念を使いこなせるようになるのが8~9歳になってからと言われており、幼児さんには難しい質問だと言えるでしょう。

「なぜ・どのように」に答えるには、複雑な状況や自分の気持ちを表現するための語彙、表現力、内省力が必要になります。

こうした能力が十分に発達するのは小学校高学年以降と言われており、これまた幼児さんには難しい質問です。

お子さんから会話を引き出すには、最も答えやすい「何を」「どうした」からアプローチしていくのが得策でしょう。

647-3 話せても、話せなくても

質問の仕方が難しいと答えるのを諦めてしまう場合もありますので、「今日は〇〇ちゃんとボールで遊んだの?」ではなく「今日、ボールした?」などと言葉をシンプルにしてみるのも一つの手です。

また、子供たちは基本的に、ネガティブな出来事よりポジティブな出来事のほうをよく話す傾向があります。

どんなことでも話してよいのだという安心感を醸成するのも大切ですが、会話の練習の際には、まずはポジティブな話題から扱っていくと抵抗が少ないでしょう。

なお、目が合わない、自発的なコミュニケーションを取りたがらない、発語がないなど、発達特性の影響が大きいと思われるお子さんには、会話の前段階として、人と関わることが心地よい、嬉しいと思ってもらえるようなアプローチがまず必要かと思います。


話せても、話せなくても、お子さんが今日という一日を精一杯に過ごしたことに変わりはありません。
もちろん大人自身もです。

園や学校から帰ってきたお子さんと、お家の中でただ素直にそれを喜び合えたら、それが一番のコミュニケーションなのかもしれませんね(^ ^)


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる