コンビニの喧嘩から思う、助けを求めるために必要な力と指導のポイント

目次

600-1 ▼ コンビニで大人同士が喧嘩する姿から思うこと

コンビニで、シニア男性が大声で怒鳴っているところに遭遇しました。。

彼はどうやらタバコを買いたかったらしいのですが、欲しい商品の番号が読めなかったのですね。
最初から喧嘩腰で言いつのり、店員さんもむっとしたのか対応がつっけんどんで、どんどん話がこじれて、騒ぎが大きくなってしまったようです。

その様子を見ていて、助けを求めるには「うまく伝える力」が必要だなと痛感しました。

この騒動は、喧嘩両成敗のお互い様とはいえ、どうもシニア男性の分が悪い。
番号が読めないのだが○○が欲しい、と冷静に頼めば、こうはならなかったのではないかと思います。

そう言えない心境も事情もあったのでしょうが、社会生活をスムーズに送るには、それなりのやりとりの仕方があるものですね。

600-2 ▼ 助けを求めるために必要な力

生きていれば誰でも、周囲に助けを求める機会があります。

配慮を必要とする子供たちは、特にその機会が多くなるでしょう。

周囲に助けを求めると一口で言いますが、そのためにはさまざまな力が必要です。

  • 自分一人でできることと、助けを得ればできることがわかる
  • 何をどのようにしてほしいかを周囲に求められる
  • 自分の弱さと向き合える
  • それと同じくらい自分の強さを知っている
  • 自分の弱さを見せても大丈夫と思える信頼関係を築ける
  • 周囲に依頼してうまくいった経験を持つ

600-3 ▼ 大人自身が体感する

最後の「周囲に依頼してうまくいく経験」を導くのが、冒頭の例で挙げた「うまく伝える力」ですね。

育児療育において、ある一つのスキル・能力を伸ばしたいと思ったときに、そのスキル・能力を構成している要素をいかに細かく分解できるかが、指導の勘所の一つです。

助けを求められるようになりましょう、と子供たちに言うのは簡単ですが、では具体的にどういう力を育めばそうなれるのかを、大人自身が深く体感していなければ、自分の言葉で相手に伝えることはできません。

大人も子供も、自分自身を常に見つめ直しながら、肩を並べて進んでいきたいものだなと、改めて思ったことでした。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる