限界まで待たなくてもいい

目次

593-1 ▼ 大人もSOSを出さない

前回は、子供たちが発信するSOSについて、こんな記事を書きました。

言葉でSOSを発信できる子は少ない、それよりは身体で表現することのほうがずっと多い、という内容です。

実はこれ、子供たちだけでなく、大人たちにもそのまま当てはまります。

言葉でのやりとりに不自由のない大人であるのに、言葉でSOSを素直に表現できる人は少ないのです。

593-2 ▼ いつ言いましたか?

考えてみてください。

あなたは、最近いつ、誰かに直接

「自分は今ちょっとつらい」
「手伝ってほしい」
「助けてほしい」

と伝えましたか。

思っていてもなかなか言えないとか、まだ助けを求めるレベルではないと(頭で勝手に)判断していたりとか、心の奥に閉じ込めていたりとか、するのではないでしょうか。

593-3 ▼ 気づかずに積み上がっている我慢

大人は自分をコントロールするすべに長けていますから、子供たちが泣いて表現するような場面でも我慢して進んでいくことができてしまいます。

そうして少しずつ無理を積み重ねて、最後に行き着くところは限界を超えての大爆発です。

多くの人は、いま限界までの途上にいます。
「まだ限界には届いていないけれども着々と無理を積み重ねつつある」状態です。
まだ限界じゃないから大丈夫だと思っています。

本当に大丈夫ならいいのですが、、、

時には冷静に自分自身を振り返ってみてください。

子供たちだけでなく、大人の皆さんもぜひ、こまめにガス抜きをしてあげてくださいね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分で自分を大切にする
自分らしく生きることが美しいという時代へ

心と身体のつながりを深め、身体は健康に、心は穏やかに

こういう時代だからこそ、本当に大切にしたいものを選びましょう
自分の身体を心の底から信頼できるようになりましょう

自分で自分の身体をケアしてあげるにはどうすればよいのか、ZOOMでご一緒しましょう
触れ方一つで身体への影響は大きく変わります
あなたがもともと持っているのに気づいていない身体の力を体感してみてください

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる