どこにフォーカスするか

目次

529-1 ▼ 一日の印象を決めるもの

幼い子供たちは、その日に起きた一つか二つの出来事で、その日一日の印象を決めることがあります。

給食に好きなメニューがあったから今日は良い日だった、とか。
算数の宿題があるから今日は最悪だ、とか。

最悪だった日も、夕飯のおかずが大好きな唐揚げだったりすると、コロッと「今日は最高!」にひっくり返ったりもします。

微笑ましい情景ですが、実はこれ、身体の原理原則から見ても実に納得のいくことです。

529-2 ▼ 引き出されるものを変える身体の原理原則

身体の原理原則では、どこにフォーカスするかで引き出されるものが変わります。

たとえば自分の身体が硬いと思って触れると、身体は実際に硬くなり、逆に自分の身体の柔らかさを感じていると、身体は実際に柔らかくなります。

思考の世界でも全く同じことが起きています。

その日に起きた出来事のうち、苦手なもの、良くないものにフォーカスしていると、「今日は最悪な一日だった」という印象が引き出されます。

好きなもの、自分が良いと感じるものにフォーカスしていると、「今日は最高の一日だった」という印象が生まれます。

529-3 ▼ あなたはどこにフォーカスしていますか

わたしたち大人が日々の生活の中で感じていることも、給食や宿題に一喜一憂する子供たちと同じように、どこにフォーカスするかでガラッと変わってしまいます。

なんとなく心が楽しまない、なんとなく悩みや不安がある、常に何かモヤモヤしている、、、

という方は、ご自身が何にフォーカスしているか?を見直してみると、違う角度から光が差してくるかもしれませんね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次