片方の翼を半分なくした鳥から学ぶ、身体の底力

目次

503-1 ▼ 地震で羽根をなくした鳥

先日、三輪堂の住むあたりで大きな地震があり、飼っている鳥が驚いて暴れました。

そのはずみで、片方の翼の風切羽(外側に生えている大きな羽根)がほとんど抜けてしまいました。。

見た目では翼が半分になってしまったような状態です。

数日間は立つのも歩くのもヨロヨロして、具合悪そうにウツラウツラしているばかりだったのですが、2週間ほど経つ今では、新しい羽根はまだ生えていないのに、驚いたことにかなり上手に飛べるようになっています。

もちろん以前のような自由な飛翔とはほど遠いのですが、部屋を横切るくらいの距離は思い切って飛びますし、短距離なら正確に狙ったところに離発着を繰り返しています。

503-2 ▼ 羽根がなくても飛べる

羽根があってもなくても、いま自分が当たり前に持っているものを、当たり前に使っていく。

そんな鳥の生きる力に感動しました。

羽根がなければ飛べないと誰が決めたんだろうと、自分の固定観念をガツンと揺さぶってもらった形です。


人間は頭がいいので、「今ここにないもの」について考えることができます。

過去を後悔したり、将来を不安に思ったり。
失ったもの、持っていないものを欲しがったり、羨んだり。

こうして悩むことができるのは、過去や未来の時間軸を長く受け取ることができるからですね。

503-3 ▼ 当たり前の力を当たり前に使う底力

鳥にはそれができません。

できないからこそ、残った羽根だけに全力をかけて空に飛び出すことができるのでしょう。
(人間の場合は、思考が先に立って、失った羽根について悩むほうが先に来るかもしれませんね。)

翼の半分を失っても自分の力で空を飛んでいく鳥のような底力を、わたしたち人間も一人ひとり身に備えています。

子供たちの育つ力。
大人たちの進む力。

自分の身体の中にある底力を信頼して、何があってもただ一歩一歩、人生の目的地に向かって歩いていけたらと思っています。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます

あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次