キャッチボールに疲れたら休むのに、話を聞くことに疲れても休まないのはなぜ?

目次

475-1 ▼ 話を聞くことに疲れたらどうしますか?

今日は、「話を聞く立場になることが多い」お母さんや支援者の皆さんに向けた記事です。

発達プロセスの途上にあるお子さんのお話を聞く場合、お子さんによっては、やや癖のある話し方をすることもあります。
(感情を剥き出しにする子、攻撃的・侮蔑的な言葉ばかり使う子、何度も同じ話を繰り返す子、相手の気持ちを察するのが苦手な子など)

きちんとお話を聞くのはもちろん大切なことですが、こうしたお話を冷静にずっと聞き続けるのは、実際問題として大人でもちょっと難しいことがあります。

ところが、「話を聞くことに疲れたのでリフレッシュの時間を取ります」という方は、あまりお見かけしません。
なぜでしょうか。

475-2 ▼ 会話もエネルギーのやりとり

たとえばテニスのラリーや野球のキャッチボールを2時間も3時間も続けたら、身体にはそれなりの負担がかかりますよね。
プレイヤーは途中で休憩を挟んだりして、体力の回復をはかろうとするのではないでしょうか。

疲れたら休む、は、ごく当たり前のことです。

が、話を聞くという行為に関しては、疲れたから休む、があまり一般的になっていないように思います。

話す・聞くということも、身体の原理原則から見ると、一種のエネルギー交流です。

物理的な何かをやりとりしているわけではありませんが、目には見えなくとも、それと同等のやりとりが会話中には行われています。

スポーツに疲れたら休憩するように、話を聞くことに疲れたらぜひ休憩を取ってください(^ ^)

475-3 ▼ 疲れたら休んでください

疲れたらキャッチボールの精度が落ちるのと同じで、自分に余裕がないと、話を聞くこともできません。

変に曲解したり、普段ならスルーできるちょっとした言葉が妙に気にかかってイライラしたりなど、「聞くこと」のパフォーマンスの精度が落ちます。

話を聞いているのがしんどいと思ったらそれが合図ですよ(^ ^)

自分を大切にすることは、相手が話しやすい雰囲気を作るためにも、お互いにより良い関係性を作るためにも、会話を通して話し手にも聞き手にも自然な循環が起こるためにも、とても意味のあることです。

ご自身の身体と心に対して素直に、どうぞご自身の余裕を取り戻すために行動を起こしてくださいね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます

あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる