できないことがなかなかできるようにならないとき、視点を変えて捉えてみたいこと

目次

471-1 ▼ いつできるようになる?

人には誰にでも必ず得意不得意があり、それを補い合って社会生活を送っています。

発達に偏りのあるお子さんは、この得意不得意の差が大きく見えがちで、親御さんのお心を悩ませます。

人の成長・発達は、機械的に進むものではありません。

このくらい練習したら必ずこれだけ伸びる、というようにはいきません。

どんなに働きかけても一向に身につかないように見えるときもあれば、ふとした瞬間に急に何かができるようになることもあります。

(自分が)身に着けたいこと、(誰かに)身に着けてもらいたいことがあるとき、それができるように努力するのは大切なことではありますが、 それがいつ身に着くのか、いつできるようになるのかは誰にもわからないのですね。

471-2 ▼ 自分一人で完結しなくて良い

そういうときは誰かの力を借りましょう。

自分一人で完結するのではなく、チームで循環することを考えてみましょう。

そもそもわたしたちは最初からチームで過ごしています。

身体の原理原則で見れば、複数の部位が役割分担しながらそれぞれのやることを担うのが当たり前なのです。

たとえばものすごく右手が器用な人がいたとします。

日常生活で右手は大活躍するでしょうが、右手だけでその人の人生に必要なすべてはこなせません。

右手に心臓の役割は果たせないのですから。

471-3 ▼ 他の誰か・何かとの関係性で捉える

それと同じで、自分一人がすべてをできるようになる必要はありません。

もう少し大きな関係性の中で捉えてみましょう。

うまく話せないなら、話すのが得意な人と組めばいいし、細かい作業が苦手なら、他に得意なことを活かせないかどうかを考えてみる。

自分一人で全部できるようにならなきゃ・・・と思っていると、「やりたいのにできない自分」が強調されて、とてもつらくなります。

でも、自分ができないなら誰かに手伝ってもらえばいい、と捉えると、ふっと肩の力が抜けて楽になります。

自分が/誰かが、「何かができない」ことに悩んでいる方は、

【自分(本人)以外の何かと・誰かとチームを組んでこれを解決するとしたらどうだろうか?】

と考えてみてください。

きっと違う世界が見えてくると思います。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる