教育を与える前に満たしてあげたいもの

目次

366-1 ▼ 教育を与えることの落とし穴

保護者や指導者が、子供たちに教育を与える、療育的に関わる、というとき、大半の大人は「教育や療育は良いこと」「子供たちのためになること」という視点で関わります。

それは間違いなくその通りなのですが、、、

実はここで一歩間違うと、無自覚のうちに大きな落とし穴に陥ることがあります。

それは、大人がより良い教育を与えようと努力することそれ自体が、今のその子を否定することにつながりかねない、ということです。

大人は「もっと良くなれる」という善意と熱意で教育を提供しますが、それは裏を返せば、「今のあなたではまだ足りない、十分でない」というメッセージを送ることにもなりかねません。

366-2 ▼ 外側から知識を付け足す前に

もちろん、教育そのものを否定するつもりは毛頭ありません。

学ぶ楽しさを知ることはその子の一生を豊かにしてくれますし、適切な療育によって周囲との折り合いの付け方を身につけることが、どれほどその子の人生をスムーズにしてくれることでしょうか。

でも、外側から知識を付け足してあげる前に、その子の内側にあるものを十分に満たしてあげてほしいなと思うのです。

「あなたはもっと良くなれる」ことを伝える前に、「今のあなたはそれだけで素晴らしい」ことを伝えてあげたいなと思うのです。

それは何も難しいことではなく、その子のありのままの姿を無条件で受け止めて、抱きしめてあげるだけで十分です。

ただただ、可愛いなあとか、この子の身体は温かいなあとか、柔らかいなあとか、それを感じるだけで十分です。


そこが十分に満たされている人は、教育であれ何であれ、その人が必要とするものが自然と積み上っていくように思います。

366-3 ▼ ありのままの姿

お子さんのありのままの姿を受け止めてあげることは、そのまま、大人が自分自身のありのままの姿を受け止めることにつながります。

ということは逆もしかりで、、、

大人が自分のありのままの姿を受け止めきれていないと、お子さんをそのまま受け止めてあげることも難しいことがあります。


もしどうしても、お子さんに対して、あるいは自分自身に対して、ありのままの姿を受け止めきれないと感じるなら、ぜひ一度、相互循環セッションに来てみていただきたいなと思います。

早い方は一度のセッションで大きな流れを感じられると思いますし、そうでなくても、あなた自身の身体が常日頃からどれほど素直に反応を返してくれているかを体感できたら、ものを見る目が少し変わるはずですから。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体が整えば心が整い、身体と心が整えば、人生が整い始めます

話してもよし、黙っていてもよし
心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体をゆるめて心身のつながりを深めます
あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

三輪堂の最新情報はLINEから

身体の原理原則にもとづいて、療育の知恵を人生に活かし、毎日をもっと面白く。
毎日1通 情報発信中!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

療育の知恵で、人生はもっと楽に、もっと面白くなる!

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心をゆるめるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる