ネガティブな感情が湧いてきたら

目次

290-1 ▼ 感情が湧いてくるときは

昨日は、「まずは自分」ということを書きました。

昨日の記事はこちら

「何をするためにも一番大事なことはたった一つ!」
https://sanrindou-members.com/go/4759/

「自分」を最優先の議題にしてあげると、人によっては、感情が噴き出してくることがあります。

目立つのは、怒りや悲しみなど。
これまで自分の中に押し込めて我慢していた感情が湧いてきます。

290-2 ▼ どんな感情も等価

この感情はとても大切なものです。

ずっとせき止めていたものがようやく時を得て流れ出したものなので、ぜひそのまま身を任せてあげてください。

怒りや悲しみというと、ネガティブなもののように思えるかもしれませんが、喜びや楽しさといったポジティブに色付けされやすい感情と全く同じ、等価なものです。

ポジティブだから良い、ネガティブだから悪いということはありません。
どちらも同じです。

290-3 ▼ ただ受け止める

この感情をどうにかしてやろうとはしなくても大丈夫です。

解消してやろうとか、積極的に向き合うとか、ノートに書き留めて整理してみようとか、そういうことは別にやらなくても大丈夫。
やったほうが安心するならやってもいいと思いますが、やらなくても大丈夫です。

ただ(ああ、わたしは怒っているな)と、受け止めてあげるだけで大丈夫です。

ただそれだけで、自分の身体の現在地が落とし込まれていって、ふうっと呼吸が深くなります。
そうして一歩ずつ、ご自身の生き方が深まっていきますよ。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次