カルタの全力勝負と、変化のタイミングを待つということ

目次

291-1 ▼ 勝敗受容が苦手です

夕食後に家族でカルタをしました。

実はわたくし、いい年をして、勝ち負けのあるゲームが大の苦手です。
いわゆる勝敗受容というものが全然できないタイプです。

小さい頃からずっとそうで、ゲームに負けては泣き叫んだり、世の中を恨んだりしていました。
周囲も困っていましたし、自分自身でも勝ち負けのあるゲームを楽しいと思ったことは一度もありません。

今では仮に負けてもさすがに泣きはしませんが、やはり心中穏やかではいられません。
それがわかっているので、勝ち負けという概念からは意図的に距離を取るようにしています。
仕事でやむなく勝ち負けのある何かに関わらざるを得ないときは、心をガラスケースに入れて、勝負に没入しないようにしています。(-_-)

291-2 ▼ カルタが楽しめるようになってきた

カルタのようなごく単純なゲームならば少しずつ純粋に楽しめるようになった、というのがここ数年のことです。

今まではカルタも(負けたくない)という気持ちが強かったので全く楽しいと思わなかったのですが、(負けてもまあいいや)と思えるようになってみると、カルタというものも案外と楽しいものですね。

何十年越しでようやく、ゲームの楽しさを味わえるようになってきたもので、今回はつい本気になりすぎて、大人の全力でカルタをしてしまい、子供に圧勝して子供を泣かせてしまいました(^ ^;)
大人げない!(文字通り)

勝負ごとの受け取り方に関しては、わたしも小学生と同レベルです。

291-3 ▼ 変化のタイミングを待つ

療育の対象になるお子さんの特性は色々ありますね。
勝敗受容しかり、考え方の癖しかり、行動のこだわりしかり。

いつになったらそれが楽になるのか、生きやすくなるのか、と親御さんは心配されることでしょう。

いつ、どんな風に楽になるのかは、実際のところ、誰にもわかりません。
もしかしたら学校を卒業するくらいには軽くなっているかもしれないし、大人になってもずっとそのままかもしれない。
練習をすれば改善するかもしれない、練習の場ではうまくいっても実際の場ではやっぱり乱れてしまうかもしれない。
人の感情のコントロールはそんなに簡単なことではないですよね。

でも、人生の帳尻は、きっといつか合うときが来るのだと思います。
わたしも、人生の後半戦に入ってようやくカルタを楽しめるようになってきました。
(楽しめるのはまだカルタどまりで、たとえばオセロくらい複雑なゲームになってくるとまだダメです)

日々の関わりは丁寧に続けていただきつつも、成果に関しては、そのくらいの長い目で、お子さんのタイミングを待ってあげていただけたらなと思います。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる