泣いている子を抱きしめる親のように

目次

277-1 ▼ 手のひらワークのZOOM講座です

3/3(水)21時から、手のひらワークB日程のZOOM講座です。
ご参加のご希望をお寄せいただいた方にはZOOMのURLを個別メッセージでお送りしています。

手のひらワークって何だったっけ?という方はこちら
https://sanrindou-members.com/go/4482/

この記事の本文+記事中のリンクもクリックして2~3記事を読んでいただくと、なんとなくつかめるかと思います。

当日は、手のひらワークの基本的なやり方をお伝えするほか、皆さんが
「手のひらワークでどんな成果が得られることを期待しているか」
「どんな場面で活用したいと思っているか」
をお聞きして、その目的にかなうようにお伝えしていければと思っています。

277-2 ▼ 病床の方、重度の麻痺や心身障害がある方にも

私事ですが、義父が昨日急に入院することになりました。
先週末から急に脚を引きずるようになったとかで、義母が無理やり病院に連れていったところ、脳に血が溜まっていたそうで、即入院して緊急手術となりました。
身体に色々あってもおかしくない年齢ですが、それにしても突然のことで驚きました。。
おかげさまで手術は成功したようで、今日は歩いてトイレにも行けたと連絡がありました。

で、こういうときにも非常にお勧めなのが、手のひらワークです。
相手が病床にあったり身体に麻痺があったりして動けないときでも、相手の身体に手を触れて波を通してあげることで、身体がふーっと楽になります。

重症心身障害児・者の施設にお勤めの看護師さんが、この手のひらワークの派生形を利用者さんに毎日のようにやってあげているそうですが、血液中の酸素濃度が上がる、痰が出やすくなる、入眠がスムーズになる、よだれが減る(よだれを飲み込む力が向上する)、といった影響があるそうです。

利用者さんご本人たちの感想を聞くことはできませんが、身体は明らかに喜んでいますね。

手のひらワークは、病床の方、元気に身体を動かすことができる方、心が敏感で揺れやすい方、発達に特性がある方、どんな方にも良い影響を与えてくれると思います。

277-3 ▼ 親が子を無心に慰めるときと同じ

もちろんこれは治療行為ではありませんので、心身の症状には信頼できる医療者への相談も並行していただければと思いますが、病院や医師や薬だけに頼らなくても、自分の手で相手を楽にしてあげることもできるということです。

泣いている子の背を、親が撫でて抱きしめてあげるだけで、子供が元気になって笑顔になるのは、病院や薬の力ではないですよね。
手のひらワークが伝える「波」とは、この親の愛情の力と本質的には同じなのだろうと思っています。

わたしも今すぐ義父にやってあげたいのですが、今はコロナ対策のために面会も何もできないので、退院したらすぐ義実家に向かおうと思っております。

手のひらワーク、直近の講座日程はこちらです。

B日程.3月3日(水)21時~ 残席わずか
C日程.3月6日(土)11時~
D日程.3月7日(日)21時~

ご関心のある方はこちらまでご希望の日程をお知らせください。

当日参加は無料、動画は後日販売予定(参加者には無料進呈)、ご参加の方は販売動画にお顔が映ることをご了承ください。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

よかったらシェアしてね!

三輪堂の最新情報はLINEから

身体の原理原則にもとづいて、療育の知恵を人生に活かし、毎日をもっと面白く。
毎日1通 情報発信中!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

療育の知恵で、人生はもっと楽に、もっと面白くなる!

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心をゆるめるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる