こんなご相談をいただきました。

 

*****

自閉スペクトラムの息子は、半年間、保育園を登園拒否していました。

そのせいか、小学校に入学してから体力が持ちません。

帰宅して夕飯も食べずに朝まで眠ることもよくあります。

それなのに、毎日、4時間目になると眠ってしまうと学校から報告があります。

授業中に眠ってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

*****

 

 

保育園の経験から気持ちを切り替えて、しっかりと小学校に通えているのは素晴らしいことですね。

小学校が楽しい、先生やお友達が好き、ご家庭の支援が整っているなど、色々な理由があると思いますが、ぜひこの調子で楽しい学校生活を過ごしていただけたらなと思います。

 

さて、授業中に寝てしまうことについては、以下の2点から働きかけると良いのではないかと考えます。

 

=====================

1.体力をつけるために運動をする

2.授業中に覚醒水準を上げる働きかけをする(脳がきちんと目覚めた状態にする)

=====================

 

 

1.体力をつけるために運動をする

授業や学校の生活に慣れるにつれて、少しずつ心構えや体力も備わってくるとは思いますが、積極的に運動をして体力をつけていきましょう。

屋外遊びが好きならば、思い切り遊ばせてあげましょう。 ご家族と散歩やウォーキングをしたり、なわとびや自転車の練習をしたりするのも良いですね。

また、水を入れた500mlのペットボトルをランドセルに入れて通学するのもお勧めです。自然と体幹を鍛えることができます。荷物が重くなると通学が苦痛になる場合もありますので、様子を見ながら少しずつ重さを加えていきましょう。

 

 

2.授業中に覚醒水準を上げる働きかけをする(脳がきちんと目覚めた状態にする)

今回のご相談のお子さんは、おそらく、心も体もフル回転させて学校生活についていこうと努力してくれているのだと思います。そのため、脳はとても疲れているはずです。体力を消耗してしまうのも、こうして頭を使って一生懸命に頑張っているからでしょう。居眠りを叱るのではなく、この努力をしっかりと認めてあげたいですね。

最初は辛いかもしれませんが、体を慣らすためにも、起きて授業に参加する流れを身につけてもらいたいところです。学校側にご協力いただき、以下のような対応を試してみてはと思います。

 

★机にじっと座って難しい話を聞いているだけではどうしても眠くなるので(大人でもそうですよね)、生徒が参加したり体を動かしたりできるような授業形式を取り入れていただくのが理想です。

 

★起きている時にはしっかり褒めてあげます。起きていることを褒めるだけでなく、「姿勢が良いね」「この字、上手に書けてるね」など、学業に向かう姿勢を具体的に褒めてあげると、とても励みになると思います。

 

★眠そうになってきたら、プリントを配布するお手伝いをお願いしたり、体を動かす活動に切り替えたりして、寝かさないようにします。寝てしまってから起こすより、眠気を晴らしてあげる方が簡単です。

 

★それでも寝てしまったら、心を鬼にして起こします。不機嫌やパニックなどの不適切な行動が出てしまうかもしれませんが、負けずに起こしてあげましょう。ストレッチをする、その場で軽くジャンプする、冷たい水で顔を洗う、硬いものを噛む(授業中には難しいかもしれませんが)などの動作を行うと脳がスッキリ目覚めます。お子さんにとって不快な刺激にならないように様子を見てあげましょう。

 

★休憩時間には15分程度の午睡を許可するなど、心と体を休ませてあげましょう。もしお子さんが午睡を拒否したら、無理に寝かせなくても良いと思いますが、その場合でも授業中に寝たら起こすのは変わりません。できれば、午睡で体力を回復できることを実感させてあげられると良いですね。

 

 

 

ご相談のお子さんをはじめ、新1年生のお子さんは、多かれ少なかれ神経を張り詰めて生活していると思います。上に書いたような支援は、どんなお子さんにも効果的です。よろしければぜひクラス運営に取り入れてみてください。

学校で頑張っている分、ご家庭ではわがままが爆発したり、気が抜けたようにぼんやりしていたりするかもしれません。ご家庭が安心できる居場所だからこその態度です。学校と連携をとって、ゆったりと見守っていただければと思います。