毎日1通LINEで情報発信中! >> LINE登録はこちら

自分でできると思い込んでいるけれど

目次

781-1 子供が道路に飛び出さない理由

以前、交通整理をしていた警察官の方から、こんなお話を伺ったことがあります。

「小さなお子さんは、自分で安全に道路を渡れていると思っているけれど、本当は親が渡らせてあげているのです」
「ある程度わかるようになったくらいの子が一番(道路への飛び出しが)危ない」

どういうことかというと、なんでも自分でできる!と思い始めた年齢のお子さんは、道路を渡るとき、大人に言われた通り、左右を見るようなそぶりをします。
 
でも実際はほとんど見ることができていない、というのですね。

それでもなぜ子供たちが安全に道路を渡っているかというと、実際は親御さんがかすかにお子さんをコントロールしているのだそうです。

781-2 親の見守りに気づかない

さりげなくボディーランゲージを送って、渡ってもいいとGOを出したり、引き止めたり、危ない場面では手をつないで背後にかばったりして、しっかり守っているのだということです。

ところが子供たちのほうはそれに気づかない。

自分の力で道路を渡ることができていると誤解します。

道路は危ないから気をつけなさいと大人に言われているけれど、全然危なくなんかないじゃないか!自分はちゃんとできるんだ!と思い込んでしまう。

その結果、ひょっと一人で道路を渡ろうとしたとき、車の前に飛び出してしまったり、道路の真ん中で立ちすくんでしまったりといった事態に陥るのだとか。

781-3 みんな誰かを守り、誰かに守られている

なんでも自分でできると思い込むのは小さい子あるあるですよね。

みんなその段階を経て、だんだん大きくなっていくのですね。

わたしたち大人も、自分でも気づかないところで誰かが守ってくれていたからこそ、今ここまで過ごすことができたのだろうと思います。

大体のことが自分でできるようになった今でも、どこかで誰かが守ってくれていることに変わりはありません。

親が子供を守るような直接的なものではないかもしれませんが、みんなそれぞれ自分の役割を通して、誰かを守り、誰かに守られて生きているのでしょうね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次