目に見える成果を求めず、本気で取り組むプロセスを見守る

目次

660-1 本来の力の芽吹き

前回は、その子の「やってみたい!」の中に本来の力の芽吹きがあること、才能とはわかりやすく特別なものばかりではなく日常的な当たり前の出来事の中にも隠れていること、を書きました。

人によっては、「やってみたい!」ではなく「この状態をキープしたい!」「やりたくない!」という形で現れるかもしれませんね。
数直線のプラス方向に進むだけでなく、動かないこと、マイナス方向に進むことも考えられるということです。

657通目で書いたような、決められた枠組みの中での「特別な支援」で表面的にカバーしようとするのではなく、文字が書けるようになったから・計算ができるようになったから安心するのでもなく、その子が本気で取り組むプロセスを見守っていきたいものです。

660-2 本気ならきっと

こうした子供たちを見守るとき、大人がぜひ心に留めておきたいのは、成果を出すことを求めないということです。

子供たちの中の芽吹きは、育つかもしれないし、途中で枯れるかもしれないし、いつか全く関係のないところで急に花をつけるかもしれないし、、、 先は誰にもわかりません。

大人の目からは、無意味なように見えたり、何もしていないように見えたり、時間の無駄のように思えたり、するかもしれません。

でも、人の素直な感情や本気の身体から出てきたことは、きっと意味があります。

ぜひ子供たちを信頼して、見守っていただけたらと思います。

660-3 大人たちも素直に

子供の本気を引き出し、自分も本気で受け止められる大人の方々には、明確な特徴があります。

それは、その大人自身も、自分の心の声に素直に従っている、ということ。

大人になると、自分の「やってみたい!」「やりたくない!」に嘘をついて、やりたいことでも我慢する、やりたくないことでも仕方なくやる、といった場面が増えてきますよね。

それが悪いわけではないし、それができるからこそ「大人」と言えるのだろうとも思うのですが、

ときには大人たちもぜひ、自分の「やってみたい!」「やりたくない!」に素直に従ってみてください。

思いがけない自分の才能の芽生えが、じわりと動き出すかもしれませんよ。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる