達成感の罠

目次

627-1 ▼ 嫌なものから逃げる方法の落とし穴

前回はこんな記事を書きました。


「より良い状態を求める」よりも「嫌なものから逃げる」ほうが強く行動に現れる、という本能的な働きを、育児や人生での不満の改善に応用するには、、、という話でした。

ところでこの方法には、ちょっとした落とし穴があります。

それは、「達成感がない」ということです。

627-2 ▼ 意図的に目指した場所 vs 自然に落ち着いた場所

わたしたちは小さい頃から、目標を立ててそれに向かって努力し、成果を上げるという構図を、望ましいものとして刷り込まれてきています。

テストで良い点を取る、受験で志望校に受かる、営業成績を伸ばす、数字を上げる、スポーツで競い合って勝利を求める、などなど、いくらでも例が見つかります。

実際、「〇〇を目指す」と目標を立てて、それに向かって努力して、その結果〇〇を獲得するという図式は、非常にわかりやすいですし、達成感があります。

一方、「〇〇は嫌だから避けたい」と繰り返した結果として自然に落ち着いた場所というのは、自分が意図的に求めて到達した場所ではないので、達成感や満足感はほぼありません。

むしろ「嫌なことから逃げてきただけ、流されてきただけ」といったように、ネガティブに捉えてしまう人もいるかもしれません。

で、「こんな自分ではダメだ」「こんなやり方ではダメだ」と再びもがき始めてしまう可能性があったりするのですが、、、

でも、身体の原理原則から見た時には、そこが一番、今のあなたにとってベストな場所である、ということは、おそらく間違いないのです。

627-3 ▼ 水の流れが川になるように

それは水が流れて自然に川の流れができるのと同じです。

水の本然は「低いところに向かって流れる」ということです。

低いところ低いところに流れた結果、自然に川の流れができます。

水は「右側に流れるぞ!次は左側に曲がるぞ!」と目標を持って努力して流れを作っているわけではありません。

でも、自然な川の流れが一番安定して、氾濫もせず周囲の環境を侵さず、その場にフィットします。

人も、「気づいたらそこにいた」という場所が、一番あなたにフィットしている可能性が高いです。

達成感や満足感のあるなしは関係ありません。

今何かに迷っている方へ、何かのヒントになればと思います。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

あなたの現在地から過去を振り返り、あなたの得たい成果から、進むべき道をそっとご提案します。
過去から現在を見るのではなく、未来から現在と過去を見る。
現在の捉え方が変われば、過去の定義づけも変わり、人生すべてが変わります。

1対1でじっくりとお話を伺う中で、あなたの人生を浮き彫りにします
メッセージはすべてあなたのお話の中にあります
その中から、あなたの才能や生まれてきた意味が見えてくるかもしれません

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次