なかなか行動できないときにお勧めの身体アプローチ

目次

565-1 ▼ 身体からのアプローチは大人にも当てはまる

昨日は、身体からのアプローチについて書きました。

「身体がそのように動けば、思考もそのように動き出す」という考え方をもとに、衝動的に身体が動いてしまうお子さんへの身体からのアプローチの一例をご紹介しました。

この考え方は、大人にもそのまま当てはまります。

たとえば、「なかなか動き出せない」ことを例にとってみます。

565-2 ▼ なかなか行動できないときは

  • 今の状況に安住しがち
  • これをやったほうがいいと思っていても腰が重くてなかなか動き出せない
  • 「いつか〇〇をやりたい」と思っていながら、〇〇についての行動を何も起こせない

こうしたモヤモヤをお感じの方は少なからずいらっしゃいます。

頭で決めた通りには動かないのが身体というものですが、

「やりたいのに動けない」という思考があると、動けない自分に失望したり自己否定したりして、頭ばかりが焦ることになります。

こういうときにも、頭から動こうとするのではなく、身体から動かしてあげるアプローチが効果的です。

「身体がそのように動けば、思考もそのように動き出す」というわけで、こうしたタイプのお悩みにお勧めなのは、

「身体が自由に楽に動く感覚をたくさん味わう」

ということです。

565-3 ▼ 身体が自由に楽に動く感覚

小さな子供たちは、まるで自分の体重など存在しないかのように、いつも跳んだりはねたり走ったりしていますよね。

彼らはまさに、身体を自由に楽に動かしています(^ ^)

大人になると忘れてしまいがちなその感覚をぜひもう一度、この身体で味わい直してみましょう。

この「自由に楽に動く感覚」を味わうには、ちょっとしたコツがあります。

明日はそのコツをご紹介しますね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次