思うことを伝えると動き出すもの

目次

551-1 ▼ 伝えることは勇気が要る

自分の思うことを伝えるのは、勇気が要ることです。

相手にどう思われるかな
こんなことを言って迷惑にならないかな
これを言ったら面倒なことになるかな
誤解されたくないな

・・・いろいろなことを思って、口をつぐんでいることを選択する場面は多いだろうと思います。

551-2 ▼ 信頼の表れ

黙っていれば何も起こらないで済むから、それはもちろんそのほうが楽ですよね。

でも、まずは伝えてみることで、始まるものがあります。

もちろん、思ったことなら何でも言えばいいというものでもないし、

何も言わずにサラリとその場を流すというのも、大切な処世術の一つです。

と同時に、思うことを伝えるということは、相手への、ひいては自分への、信頼の表れです。

あなたにとって本当に大切な人間関係の場では、ぜひ、諦めずに、遠慮せずに、勇気を出して、目の前の人に、あなた自身が思うことを、伝えてみてはどうでしょうか。

551-3 ▼ その一押しで

特に、

どうももう一つ自分の周囲の物事がうまくいかない
物事が深まらない
いつも同じようなことで悩んでいる
いつも同じようなトラブルばかり起こる
いつも同じような人間関係の悩みがある

・・・こうした状況にある方は、もしかしたら、あとほんの一押しで、物事の歯車が動き出すかもしれません。

その一押しになるのは、あなた自身のもう一歩の踏み込みなのかもしれませんよ。



ちょっと漠然とした文章になりましたが、必要な方に何かのメッセージが届けばいいなと思います。

本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分の身体からの答えを知りたい方へ

身体の現在地を認識する
心と身体のバランスを整える
身体からのメッセージを受け取る

心身と対話する静かな時間をお過ごしください

あなたの身体がいま動きたいと思っている方向・速度・幅で波を通し、身体の現在地から心身のつながりを深めます

あなたの身体の中にある「今もっとも必要なこと」「いま伸びたいと思っている芽」をそっと後押しします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次