こんにちは。三輪堂です。
面白く生きる連載、222通目です。

222-1 ▼ コミュニケーションの本質

昨日は、触れることは、話すことと同じようなコミュニケーションのツールだ、と書きました。

現代人のコミュニケーションは、どうしても「思考で把握できる意味を伝え合うこと」が中心になりがちです。

が、コミュニケーションを「響きを伝え合うこと」と捉えると、触れることは、余計な雑音のない、より本質的な関わり合いができるツールとして活用できるようになってきます。

さて今日は、「頼むとき」「頼まれるとき」に、心に留めておいていただきたいポイントをお伝えします。

特に、「触れるとき」には、言葉で話すときのように表面を飾ることができず、雑音なしにこちらの思いが伝わっていきますから、一層心がけたいところです。

222-2 ▼ 一番大切なポイント

一番大切なのは、

【自分がなんとかしてあげたいとは思わないこと】。

働きかける対象がお子さんでも成人の方でも、確実に言えることです。

なんとかしてあげたい、と思うと、言葉にも身体にも力みが入り、相手に圧が伝わります。

圧が伝わると、相手は緊張し、反発します。圧をはね返してくるイメージです。

あるいは、自分の意思を押し殺してこちらに従おうとします。圧を受け取って内側に押し込めていくイメージです。
(押し込めた圧はいつか限界が来て爆ぜます。最近はこちらのタイプの方が多いようにも思います。)

222-3 ▼ 相手の人生のタイミングを信頼しよう

療育の現場では、この「なんとかしてあげたい」は必ず通る道だと思います。それは決して悪いことではありません。「なんとかしてあげたい」という心の動きがなければ支援が始まらないのですから。「なんとかしてあげたい」は、物事を動かすための大切なプロセスの一つです。

療育や育児において本当に大切にしたいのは、自分が相手を導いてあげる、自分が思う理想の場所に連れていってあげることではなく、相手が本来持っている力を引き出してあげることです。

相手の力を引き出すには、こちらがどうにかしようとする必要はないのですね。

相手には相手の人生のタイミングがあります。

「なんとかしてあげたい」という自分の思いをまっすぐ相手に向けるのではなく、一度大空に向かってふわっと投げ上げて、それがいつかベストなタイミングで落ちてくるのを待つ、くらいの気持ちでいると良いのだろうなと思っています。

本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。