聞く力に弱さがあるかもしれないお子さんの困り感と状態像

目次

486-1 ▼ 聞く力の弱さ

子供たちの困り感を生む原因の一つに、「聞く力」の弱さがあります。

  • ずっと聞き続けられない
  • ピンポイントでしか聞けない
  • 聞きたいところだけ聞いている
  • 音だけ聞き流して、意味は受け取っていない
  • 大体のところだけ聞いて、細かいところは聞き漏らす

など、など。

こうした聞き方は、聞き間違いを積み重ねるようなもので、正しい理解には到底たどりつけません。

五感にまつわる弱さは、はたから見て気づかれにくいという特徴があります。

当人も、自分の感覚が人と異なっているとは想像もしません。

486-2 ▼ 聞けないことで生まれる困りごと

「聞く」こともまさにそうですね。

野球のキャッチボールならば相手がボールを受け損ねればすぐわかりますが、 「音」のキャッチボールでは、相手がきちんと聞けているのかどうかを判断するのは難しいことです。

話が聞けていないことによって生活面にも学習面にもさまざまな困りごとが生まれます。

たとえば、、、

▼ ▼ ▼

  • 口頭の指示にうまく従えない
  • 一斉指示に反応しない
  • お友達が動き始めてからやっと自分も動く
  • 授業中にボーッとしている
  • 指示を聞き直すことが多い
  • お友達とのコミュニケーションがうまくいかない
  • 一度はできた課題が二度目はできなくなる
  • 一人で課題に取り組めない

など。

486-3 ▼ 引き出しを持っておこう

聞く力とは別の弱さがあるお子さんも似たような様子を見せることがありますし、理由が一つだけとも限りませんので、外側に見えている行動の様子だけで聞く力の弱さを判断するのはなかなか難しいのですが、、、

ただ、「聞く力が弱いのかもしれない」と想定してみるだけで、お子さんへの対応の幅が広がります。

支援者の選択肢が増えれば、その子にとってより良い支援を提供できる可能性も高まります。

働きかけを検討するとき、「聞く力が弱いのかな?」と想像する引き出しも用意しておいていただけたらと思います。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる