頭を使いすぎて意識が上に集まりすぎたときにお勧めのセルフケア

目次

465-1 ▼ 頭を使いすぎていると

現代社会を生きるわたしたちは、大体において、頭を使いすぎています。

かく申すわたくしなども、毎日のようにパソコンに向かって、頭を使いまくりです。

たとえば、あなたは、「自分の頭の幅」を正確に認識しているでしょうか。

目を閉じて、自分の頭の幅を感じてみてください。

顔の前に手を伸ばして、その想像した頭の幅で両手を構えてみてください(実際には頭には触らず)。

目を開けて手の幅を見てみてください。

465-2 ▼ 頭でっかち

このワークで、実際の頭の幅よりも手の幅が広くなった方は、頭に意識が上がりすぎていると思って良いでしょう。

文字通り、頭でっかちになっているということです。

頭を使いすぎている、考えすぎている、悩みすぎている、などなど、、、

思い当たることがある方は、上部に上がった力を下におろしてあげると良いかもしれません。

力を下げてあげる方法はたくさんありますが、どなたにでも取り組みやすいのは、足を触ってあげることです。

465-3 ▼ 上がった意識を下げるセルフケア

両手で足を包んで、足から感じるもの(温かさ、柔らかさ、滑らかさなど)をただ受け取ります。

足のほうでも、手の質感を感じてみます。

足全体が居心地良さを味わえるまで、手を移動させながら触ってみてください。

両足を触り終わる頃には、頭に集まった意識もだいぶバランスが取れていると思います。

こうした身体ケアをより効果的にする手の使い方、検証の仕方、もう一歩踏み込んだ知恵などをオンラインでお伝えしています。
ご縁があればぜひご一緒に楽しみましょう(^ ^)

▼ 詳しくはこちら

身体セルフケア オンラインレッスン

本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

自分で自分を大切にする
自分らしく生きることが美しいという時代へ

心と身体のつながりを深め、身体は健康に、心は穏やかに

こういう時代だからこそ、本当に大切にしたいものを選びましょう
自分の身体を心の底から信頼できるようになりましょう

自分で自分の身体をケアしてあげるにはどうすればよいのか、ZOOMでご一緒しましょう
触れ方一つで身体への影響は大きく変わります
あなたがもともと持っているのに気づいていない身体の力を体感してみてください

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次