健やかに過ごすために余力を大切にしよう

目次

462-1 ▼ 明日から3日間お休みします

10/23(土)~10/25(月)の3日間、オープンチャットの配信をお休みいたします。
次回の配信は10/26(火)22:50頃です。
どうぞよろしくお願いいたします。

最近は急に寒くなりましたね。
そのためか、わたくしもちょっと風邪っぽい気配がしております。

最近ちょっと身も心もいろいろな負担を受け取っているような気がしていたので、風邪の気配もさもありなん、という感じです。

ごく小さな気だるさなのですが、この気だるさによって大きく「余力」を消費しているのを感じています。

462-2 ▼ 余力の存在

この連載でも何度もお伝えしていますが、人が生きるためには「余力」が大切です。

何かと何かの間をつなぐ “あそび” の部分がないと、日々の活動を健やかに滞りなく進めることはできません。

この「余力」「あそび」は現代社会ではあまり重視されません。

人は「何かがある・何かをしている」ことは意識しやすいのですが、「何もない・何もしていない」場面は意識に触れることなく滑り落ちていきます。

この「あそび」「余力」の部分は、まさに「何もない・何もしていない」部分です。

だからこそ、「あそび」「余力」が日常生活にどれほど大きな影響を与えているかを認識しづらいのですね。

風邪でだるいくらいだったら、「ちょっとくらい頑張れる」となりがちです。

でも、その「ちょっと頑張る」の後ろには、「あそび」「余力」をドンドン使っているという、見えない備蓄消費が隠れています。

462-3 ▼ 余力の状況に目を向けよう

今の自分も、ちょっと気合を入れて気だるさを無視すれば、まったく問題なく普通に生活できます。
でも、そこで「余力」を消費することが、最善の選択かどうかは疑問符がつきます。
無理をして頑張るときがあっても良い、でもそれは今なのかどうか? ということですね。

そんなわけで、わたくしはこの3日間で「余力」を補給しようと思います。

あなたもどうぞ、ご自身の「余力」の状況を見つめてみてください(^ ^)

ちょっとしんどいけど無理すれば頑張れる、というようなときは要注意ですよ。

もちろん、頑張っちゃダメと言っているのではありませんよ。

頑張ったほうが良いと思うときはぜひ自信を持って取り組まれてください。

と同時に、そうやって頑張っているあなたの心と身体は、「余力」をドンドン消費しているのだということに、ちょっとだけ目を向けてあげてくださいね。


本日は以上です。
それでは、次は火曜日の夜に!
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる