「目分量・なんとなく」の数量をとらえてみよう

目次

昨日はPCトラブルで配信お休みしました

昨日は急にお休みをいただいて失礼しました。
Windowsのアップデートがうまくいかずにシステムが停止してしまったようでした。。
すったもんだの末、新しいパソコンで作業再開しています。
いやはや。。

では気を取り直して本編です!

398-1 ▼ 「なんとなく」が生む余裕

生活の中では、「概数」「なんとなく」「ざっくり」「目分量」で数量をとらえたい機会が無数にあります。

  • 買ったものをすべて運ぶにはどのくらいのサイズの袋が必要か?
  • AとBとCの商品を買うためには大体いくら所持金があれば足りるか?
  • ここからあそこまで何mくらいあるか?
  • 「100g」とはどのくらいか?
  • 「1m」とはどのくらいか?「3m」ならどうか?
  • 「大さじ1」とはどのくらいか?

などなど。

これらの一つひとつはごく小さなことです。
でも、これらの感覚をなんとなくでも良いのでとらえることができていると、生活のあちこちに小さな余裕ができたり、つまずきが減らせたりして、結果としてQOLの向上につながります。

398-2 ▼ クギの100gとワタの100g

たとえば同じ「100g」と言っても、クギの100gとワタの100gでは嵩がまるで違います。
このあたりが理解できていないお子さんは案外多いもの。

数量の感覚の育ち具合がわかりやすいのが調理の場面です。

「水を100g測るのでちょっと多めに持ってきて」と言ったときに、お子さんはコップで水を汲みに行くでしょうか、それともボウルを持っていくでしょうか?
100gをちょうどよく収められる容器を体得できているかどうかがわかります。

また、牛乳100g→卵2個→砂糖50g→小麦粉200g・・・ などと順番に追加していく調理手順があったとして、最終的な分量を予想して、どんな容器で調理を始めれば、中身があふれることもなく大きすぎて扱いにくいこともなく、ちょうどよく調理ができるでしょうか?

お子さんの行動を見ていると、その子がどの程度実感を持って全体像や数量をとらえているかがわかってきます。

398-3 ▼ 曖昧にとらえて受け流すスキルにも

なんとなくの感覚はすぐには身につきません。
特に、身体の感覚に特性のあるお子さんや、曖昧な物事を受け取るのが苦手なお子さんには、なかなかとらえづらい感覚です。
実体験の中で少しずつ積み重ねていきましょう。

買い物袋を持って、見た目は小さいのに重い/見た目はかさばるのに軽い、といった違いを体感したり。
キャベツ1個・キュウリ1本とはこのくらいの重さなのだと体感したり。
紙テープを1mの長さに測って切って、身の回りのものと長さを比べてみたり。
歩幅の長さや、指の長さ、肘から指先までの長さなど、自分の身体にまつわる数値を測ってみるのもとても良い練習になります。

「なんとなく」「大体このくらい」で物事をとらえられるようになると、数量に限らず、自分の周囲の出来事や物事も気にしすぎずに受け流せるようになってきます。

ぜひご家庭や教室で、日々の働きかけを続けてみてくださいね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる