伝わっているのは内容よりも〇〇

目次

350-1 ▼ 伝える/伝わる

ここ数日、

誰かから何かを受け取るときには、内容ではなく、そこに乗っている空気感・エネルギーが伝わる

のだなあ、と実感する出来事がいくつも起こっています。

全く同じ内容を伝えていたとしても、誰が・誰に伝えるのか、どんなタイミングなのか、その時その場で全く違うものが伝わるのですね。

「伝える」と「伝わる」の違いを以前にも何度か書きました。

たとえばこちらの記事↓

伝えると伝わる
https://sanrindou-members.com/go/4313/

この前後の記事も、同じようなテーマで表現を変えて書いているので、よかったら読んでみてください(^ ^)

350-2 ▼ 内容の正しさは

「伝える」意識でいると、内容の正しさが重要になります。

「伝わる」を重視すると、内容の正しさはあまり関係なくなります。

もちろん間違ったことは言わないほうが良いだろうけれど、そこばかり気にして捉われる必要はありません。

「伝わる」立場から見ると、たとえば、同じ人の、同じ内容の話を、何度も聞いたとしても意味があります。
どんどん深まっていくし、違う角度から入ってきます。


何を伝えるか、と、何が伝わるか、です。

350-3 ▼ あなたは何を伝えているか

大人はどうしても、子供に何かを「伝えたい」と思いがちですね。

保護者として、指導者として、子供たちを教え導き、社会生活をスムーズに送らせてあげようとする立場からは、

「~~を教えなければ」
「~~のようになってもらいたい」
「~~をやめてもらいたい」

といった発想になるのが当然だと思います。

この立ち位置からですと、どうしても「伝える」の側に偏りがちです(^ ^)

一度「伝える」ことをやめてみて、あなたから「何が伝わっているか」を、客観的に見つめ直してみると、何か違った気づきが得られるかもしれませんね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次