育児・療育を日々がんばっておられるお母さん、お父さん。
毎日ありがとうございます!(*^ ^*)

 

育児や療育をしつつ、人によっては仕事もしつつ、家事全般をこなし、あらゆる作業を同時並行で、しかも毎日一秒も休みなくこなすお母さんのスキルって、本当にハンパなくすごいです。

 

この「お母さん力」は、社会的にはあまり目立ちませんが、本当はものすごいことをやっているのです。

会社員が業務で同じことをしろと言われても、たぶんできません。
会社にたとえれば、24時間365日、一人の人が中心になって、他の従業員の世話を焼きながらずっと働き続ける会社みたいなもので、そんな会社はブラックもいいところですよね。

ところが、お母さんたちは、平気な顔で毎日毎日くるくると育児や家事をこなし続けています。

 

世の中の大半のお母さんは、特別な技能や能力があったりするわけではない「ふつうの主婦」だと思います。
中には超人的なスゴイ方もおられると思いますが、ほとんどの方はそうではない。

 

では、いわゆる「ふつうのお母さんたち」に、なぜこのような「お母さん力」が発揮できるのでしょうか。

 

それは、お母さんの行動の全ては「家族のため」という思いとセットになっているからです。
家族のため。子供のため。
その思いが、「ふつうの主婦」に、常識を超えた力を発揮させているのです。

 

その証拠に、「今日は夫も子供たちも夕飯がいらない、帰宅しない」なんていう日には、(今日の夕飯は何でもいいや・・・ラーメンで済ませちゃおう・・・)なんてこと、あったりしませんか?(^ ^;)

私はめっちゃあります(笑)

 

「自分のため」には、「お母さん力」は発揮されないんです。
「お母さん力」が発揮されるのは、「誰かのため」という思いとセットになった時だけなんです。

 

******

 

人が何かの行動をとる時には、ほとんどの場合なんらかの目的・目標があります。
ご自身の生活を振り返ってみても、一切何の目的もなしに行動している瞬間は、ほぼゼロに近いことがおわかりになるかと思います。

 

目的・目標は、人の行動を引き出すためのスイッチです。
自分が意識しているかしていないかとは全く関係なく、私たちの行動の質と量は、目的・目標の力強さ、深さ、高さ、温かさによって大きく変わります。

 

目的や目標は、「自分のため」に立てるよりも、「誰かのため」に立てる方が、はるかに力を引き出してくれます。
ふつうの主婦に信じられない力を発揮させてくれる「お母さん力」と同じように。

 

もちろん、最初の目標は「自分のため」でもいいんです。
目標がないと最初の一歩が踏み出せませんから、まずは行動を始めるために、どんどん身近な目標を立てていただけたらと思います。

 

目標の役割は、「行動するため」にあります。
たとえば私が「世界平和のために戦う」みたいな目標を立てても、現実味がなさすぎて、目標の役割を果たしません。
またたとえば、「1ヶ月で10kgやせる」みたいな目標を立てたとして、これでダイエットに奮起できれば良いのですが、この目標のせいでかえってストレスがたまって行動しづらくなるようでは、それは「良い目標」ではありません。

 

今の自分が思いつく、実現できそうな目標を立てて、まず行動してみる。
行動しながら目標を微調整していく。
だんだん、自分の思いが深まって、考え方の抽象度が高まってきたら
「自分のため」の視点から、「誰かのため」の視点を加えてみる。

 

そうすることで、あなたがもともと持っている力が、今まで以上に引き出され、発揮されていくことでしょう。

 

 

あなたの今の「目標」は何ですか?(^ ^)
よかったらシェアしてくださいね。

 

それでは、また!