毎日1通LINEで情報発信中! >> LINE登録はこちら

間違いを指摘する必要がないときもある

目次

783-1 ワーキングメモリに弱さのある子への指導

ワーキングメモリに弱さのあるお子さんへの学習指導では「間違いを指摘する必要はない」というお話を伺ったことがあります。

どういうことかというと↓

STEP
学習プリントを解く

まず1回目のプリントを解きます。
正解する問題も間違う問題もあるでしょうが、初回の授業ではそのプリントは解いただけで終わりで、答え合わせなどもしません。

STEP
課題に合わせた2回目のプリントを用意する

指導者は、そのプリントの解答状況から、お子さんの理解の状況や苦手さの具合を見て取り、お子さんの理解をサポートできるような内容で次のプリントを用意します。

STEP
2回目のプリントが初回のプリントの復習になる

次回の学習場面で、2回目のプリントを解くことで、自然と初回の学習プリントの復習や発展になります。

このように、できなかった問題を「間違っているよ」と正面から指摘するのではなく、できなかった問題ができるようになるような次の学習課題を提供することで、間違いを自然にクリアしていく、という考え方です。

783-2 違和感のある指導方法かもしれないけれど

最初にこのお話を伺ったときは、本当にそれでいいのかな?と思ったものでした。

間違った部分をしっかり確認して振り返るからこそ、次に同じ間違いをせずに済むのではないかな、と感じたからです。

ところが、それは自分が「理解すること」に特段の困りがないから言えることだったのですね。

文字や数字の読み書きに困りがなく、情報を頭の中に一時的に置いておきながら、並行して人の話を聞いたり別の作業をしたりしても、その情報がどこかに行ったり消えたりしないタイプの人なら、プリントの答え合わせをして、間違った問題の解き直しをするのも意味があるでしょう。

一方、ワーキングメモリに弱さがあるタイプの人は、(個々の状況にもよりますが)答え合わせをしても、自分がどう間違ったのか、何を修正すればいいのかを把握できない可能性が高いです。

そもそも、解答用紙と答えとを見比べて正誤を確認することすら一苦労の場合もあります。

783-3 さまざまな場面に応用できる考え方

そうした状況では、答え合わせは百害あって一利なし。

この場合の学習の本質は、必要な知識を得ることです。

自分にとって少しでも受け取りやすい形で知識を蓄積していけるなら、答え合わせにこだわる必要はなかったのですね。

ワーキングメモリに弱さのあるお子さんだけでなく、

  • 間違いを受け入れにくい
  • 一度失敗すると気持ちの立て直しに時間がかかる
  • 得点にこだわる
  • 学習に強い苦手意識がある
  • 積極的に成功体験を蓄積したい

といったお子さんにも、活用の仕方によって面白い影響を与えてくれる考え方かもしれませんね。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

  • 療育のセカンドオピニオンが欲しい方
  • 一般的な療育支援分野とは違う角度からアドバイスが欲しい方
  • 漠然とした不安や言葉にしづらい”何か”があってクリアにしたい方

ぜひ一度「オンラインセッション」にお声掛けください。
育児・療育は親子の育ち合いです。お子さんのお話だけでなく、親御さんのお話を伺うことも大切な時間です。
うまく書けない・しゃべれないと思う方もご安心ください。ゆっくり丁寧にあなたの中にある”何か”を引き出します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次