療育の知恵はもっとみんなが気軽に使ったらいいと思います

目次

703-1 「グレー」

発達が「グレー」という表現があります。

医師が発達障害という診断を下すほどではないけれども、ちょっと気になるところがある、という意味で使われることが多いようです。

定型発達のお子さんが発達の平均値を含むボリュームゾーンを占めているとして、「グレー」のお子さんはボリュームゾーンからちょっとはみ出したあたりにいる、ということになるのでしょう。

703-2 誰にでも効果的

三輪堂では、育ちが気になる親子さんに向けたサポートをいろいろとご提案しておりますが、こうした療育的なサポートは、どんなお子さんにも役に立ちます。

なんなら大人にもです。

たとえば、座面に滑り止めを敷いたり、座りながら足裏を刺激できるようにしたりすると、皮膚の感覚や重力を受け取る感覚に弱さがあってイスにじっと座っていられない子も落ち着いて座れるようになることがあります。

良かったらこれを、大人のあなたもやってみてください。

滑り止めを敷くには黒色が、足裏を刺激するには青竹踏みやテニスボールなどを踏むのがお勧めです。

びっくりするくらい座りやすくなると思います。

703-3 本当はみんなグレー

ところで、グレーという色は、白と黒の間にある無数のグラデーションのことです。

100%の真っ白も、100%の真っ黒も、実際には存在しません。

みんな必ずグレーです。

わたしたちは、ボリュームゾーンに入っているかいないかだけで、本当はみんな「グレー」なのです。

世の中の仕組みのほとんどがボリュームゾーン向けに作られているので、ボリュームゾーンからはみ出している人がちょっと苦労を強いられている現状があります。

そうしたときに手助けになるのが療育の知恵です。

療育は特別な何かではなく、困ったときに誰もが気軽に使える知恵なのだと、多くの方に知っていただけたらと思っています。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次