小学生の質問に、自分の内面世界を思う

目次

672-1 小学生の質問が一番難しい

発達障害って何?
自閉症って何?

と、小学生に聞かれることがあります。
※たまたまわたしが読んでいた本のタイトルを見たり、大人同士の会話を聞いたりしての質問で、ご本人への告知のような重要な場面ではありません。

小学生に聞かれるのが一番難しいなとつくづく思います。

中学生以上のお子さんや、大人に答えるのとは、全く違いますね。

ここでの自分の返答次第で、この子の「障害観」の一端に影響を与えるかもしれないと思うと、おそろしく緊張します。

小学生がスッと受け取れるように答えられたら、その物事を真から理解している、自分の腹に落とし込めていると言えるのではないかと思っています。

それでいくと、自分はまだまだ、ほとんどの物事の理解に自信がありません。

672-2 小学生諸君が引き出してくれるもの

自分がふと口に出した言葉の選択に、自分が無意識に物事をどう捉えているかが現れていて、ハッとすることがあります。

小学生の質問にとっさに答えた言葉が、自分の内心、日常生活で何気なく気づかずに陥っている思考のクセをはっきりと見せつけてくれます。

小学生に答えようとすると、できるだけ物事をシンプルに捉え、平易に表現しようとします。

それが自分の現在地や自分の本心と否応なしに向き合わせてくれるきっかけになるのでしょうね。

672-3 現在地から目的地へ

自分が使った表現が自分で気に入らなかったとしても、自分が本気でそう思っているのだとしたら、それを否定するのも違います。

自分が今こう思っている、という理解をスタートにして、より自分の理想に近づいていくためにはどんな表現のほうがふさわしいのかを少しずつ形にしていく。

延々とこの作業を繰り返しながら、少しずつでも自分が成長できたらと願うばかりです。


本日は以上です。
それでは、また。
いつもあなたに明るい風が吹きますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

楽しい療育の三輪堂 主宰

身体の原理原則で、育児も人生ももっと面白く。

ふとしたきっかけでゼロから独学で療育を学び、療育の知恵はあらゆる人に当てはまる人生の知恵であると確信。従来の療育知識に整体・武学体術・エッセンシャルオイル等を取り入れ、身体の原理原則にもとづいて無理なく心身を活かす道を提案中。日常生活のすべてが学びになり、よりよく生きるヒントに変わる生き方を実践しています。

活動フィールドは、情報発信・執筆・オンライン療育相談・身体と心のつながりを深めるセミナー・エッセンシャルオイルと整体を組み合わせたケア・志を発信する媒体作成など。

目次
閉じる